この差は……

 
餃子で美味い某所に出かけたました

町中、いたるところに餃子のお店があるのです。

さっそく、人気店「M」に行ってみると、店の前に列が出来ていました。
約1時間待ちとのこと

列を整理していた警備員の話によると、
「ここは本店だから混んでいるけれど、ドンキの下にあるフードコートのほうは空いている。しかも素材は一緒ですよ」とのこと。

並ぶの嫌なのでとりあえずフードコートめざして移動することに。

すると、人気店「M」のななめ向かいにも、餃子専門店「F」があったのです。

しかし、列ができるほどの人気がある「M」にくらべて「F」のざびれよう……。

それでも興味を持って「F」に入ろうとすると入り口に今月いっぱいで閉店しますとの貼り紙が。

はっきり言って店構えのボロさは、「M」も「F」も差はありませんでした。


「F」の中に入るとお客は、家族一組だけでガラガラ。

店員の中国人のおばちゃんがピーチクパーチク二人で、しゃべっていたのとお運びのおばちゃんが遠い目をして立っているのが印象的だったなあ。

かつては旅行誌や雑誌にも多数取り上げられ、壁に掲げられたたくさんのサイン色紙からは有名人も多数来店した有名店だったらしいとうかがえる……。

すぐ近くにあるの「M」は支店も出して行列ができるほどの大繁盛!
だが「F」は今月で閉店というありさま。この差はいったい何?と思ってしまった


ちなみに餃子の味は「F」も「M」も大差なく普通に美味かったです。
むしろ、味のバリエーションが豊富な「F」に軍配が上がるかもしれない。

やはり売れるとか支持されるということは、企画力とかPR力とかトータルで決まるのかなあ?

そういや「F」さん今日で最後ですね。長い間おつかれさまでした。最初で最後に味わえたのも何かのご縁でしょう。ええ
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント