横浜寄行②

 
雨がしとしとと降る中、「横浜人形の家」へ

もっとこじんまりとしたところかと思ったら意外と巨大施設だったのでビックリ!

世界140カ国から集めた人形1万3000点や 懐かしいおもちゃの数々を展示しています。

ここには死んだ女の子の念が宿る抱き人形や、丑の刻参りで使用した実物藁人形、持っている者が次々と変死を遂げた曰くつきの人形……などというものは存在せず、

どのお人形さんも大事にされているんでしょう。幸せような感じを受けました。

夜中になるとひそひそ人形同士で話たり、運動会などしているかもしれませんねえ。

真っ黒けな顔に髪の毛をボンと逆立てて、目を向いているものとか、
海外の人形は、かわいいというよりも怖ろしげなデザインが多かったなあ。

雛人形展が開催されていました。
生まれた子の厄際を引き受けてくれる人形たちがいかにも呪術っぽくて見られて良かったなあ。


あっという間に時間が過ぎて、山手西洋館はイギリス館と山手111番館の2軒しか回れませんでした。今度もっと時間に余裕を持ってゆっくりと回ろう。

そして山手外国人墓地が見渡せる横浜十番館でカフェる。

墓地の写真も撮影したかったが、雨が降っていて天候悪のため断念。

その後、雨の横浜中華街をそぞろ歩き、すでにお腹いっぱいだったのでとくに何かを食べるわけではありませんでした。

次回は晴れた日に西洋館巡りと中華グルメを堪能したいものです。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント