『浅草せん夏怪談~鳳の章~千秋楽』

 

『浅草せん夏怪談~鳳の章~千秋楽』に行って参りました!


牛抱せん夏さんは、日本一、いや宇宙一の美人女流怪談師としてご活躍されています。





過去に何度か怪談イベントで共演させていただいたこともあります。


最近は、めっきり怪談から足が遠のいている私……しかし、あいかわらず


怖いこと、不思議なことは大好きでオカルト(グロ)街道まっしぐらなんですが……


久々の怪談に胸がワクワクします。




会場は、浅草にある「木馬亭」。歴史のある味のある劇場です。




牛抱さんが舞台の花道を歩いて登場。




その後、次々と選びぬかれた強者怪談師が怪談を語ります。







・田中俊行さんの怪談



怪談グランプリ2013優勝者ということで期待値が上がります。

海にまつわる怪談が二話。


「逆さごと」という死者にまつわるしきたりが怪異につながる話は

ぞおっとしました。憑依された女性の様子が怖かったです。






・辛酸なめ子さんの怪談


怪談なのに会場は爆笑の渦。辛酸なめ子さんは霊感をお持ちでスピリチュアルな体験も豊富と聞いていましたが、とても面白い怪異を聞かせていただきました。

辛酸なめ子さんならではの感性が光る怪談でした。

とりあえず、霊的現場へはアンメルツ・パブロン・関東連合の本は必須ですな。






・ヒカリゴケの国沢一誠さん



何かと不思議体験の多いヒカリゴケの国沢一誠さん。怪談番組でもおなじみですね。芸人さんだけあって、語りは上手です。家にまつわる怪でしたが、前に住んでいた人の思いってやはり残るんだなというのを痛感して怖かったです。

我がマンションも霊道が通っているとかで怪奇現象がたくさん起こると楽しみにしておったのですが、今のところ約2回しか遭遇したことはありません。猫を飼っているから魔除けになっているのかな?






・牛抱せん夏さん



怪談グランプリ2010で優勝したあの名作怪談「アパート」に続きがあったとは……ドクロ

引き続き嫌な気分にさせてくれる後味の悪いぞ~っとする怪談でした。怖くて住んでみたくない。ウィーンという例の音が耳に残りました。


血脈という怪談ですが、個人的にとても惹きつけられた内容でした。先祖の因縁がからむ怪談です。因縁って本当にあるんですね。たとえば、今、自分の身の上に起こっている事や出会っている人たちも先祖の因縁が大いにからんでいるのでしょう。

私自身も最近、家系にまつわる因縁をひしひしと感じたので、人事ではなくリアルに恐ろしかったです。何百年前の因果か現代に現れる……霊の世界と我々の世界との時間の流れは違うのかもしれません。

そう考えると、日々、善い行いをして生きなければ!と思ったのです。←え?いま頃遅いって!?叫び


牡丹灯籠、古典名作怪談なので、あらすじは分かっているのですが、せん夏さんの鬼気迫る語りに、物語の世界に引き込まれまれ、手をぐーっと握りしめてしまっていました。ドクロ

恋に狂った女の執念は本当に怖い。しかし、これは愛じゃなく執着のような気がするのだが…… 


久々に凄い怪談をたくさん聞けたので、大満足でした。ドキドキ






じゅりこ 極楽への花道

せん夏さんと記念撮影














































スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント