関西弾丸ツアー 奈良鹿王国 その2

 

大仏殿を後にして向かったのは、世界遺産にも登録されている二月堂。

山手を登り、急な階段を登ったところにあります。







奈良市内が一望できます。太古のロマンを感じさせます。

相変わらず鹿角をつけて歩いていましたが、法華堂のモギリのおじさんが
笑いをこらえている感じが印象的でした。

その後、春日大社へ……







普段は拝殿の前が閉まっているそうなのですが、祈祷があったため
珍しく開いていたので奥まで見る事ができました。



春日大社の巫女さんですが、下り藤を頭につけています。
石切神社も下がり藤の家紋だったので、何も知らずに行きましたが妙なシンクロ感じます。



美しい春日山。恐ろしく暑い日だったので誰も登っていませんでした(笑)





そして、ふらりと立ち寄ったキッシュ専門店。
女子率が高い店でした。古民家を改造したカフェ風のおしゃれなお店です。

もちろんここでも飲みました!






その後、法隆寺に行こうと思ったのですが、すっかり時間切れ。
とりあえずJR奈良駅に向かう。
駅近のお店で三輪素麺セットを注文しました。





お店のマスターに「どこから来たんですか?」と、たずねられる。
そりゃあ鹿のかぶりものをしていたら、どうやってもよそ者に見えるわな。

マスターから奈良の観光情報を教えてもらう。


奈良唯一の地ビールという曽爾高原ビールを飲む。ドイツからわざわざマイスターを呼んで作らせたのだとか。
水が綺麗ですっきりして美味でした。




飲む飲む……

三輪素麺もいろいろあるそうですが、特に皇室御用達のそうめんだそうです。
にゅうめんにしてもコシがあってくたばりません。


その後、宿泊所に戻ってまたビール飲んで、夕食食べに行った時、また飲みました。

一日飲んでいたような……

一日鹿角をつけて観光していましが、他に誰も角をつけた人はみかけませんでした。
目を合わせるとやばいと思われたのか?じろじろ見られる事もなく。
ただ、バスに間に合わないと思って、鹿角すけて猛ダッシュしていた時はダッシュ(走り出す様)
外人のお姉さんがぎょっとした目で見ていました。

石切神社で馬みくじを買い
春日大社で鹿みくじを買い……

こうやって、2つを並べると……





これも妙なシンクロ感じます。
神様って洒落が好きなんですね。

スピリチュアル日記がアル中廃人日記になってしまいましたが、次はもっと真面目に書きます。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント