神田明神 神楽始

 
年末からの暴飲暴食で少し太ったのですが、一昨日久々にジムに行って図ったら約2キロ減っていました。
リバウンド痩せしたじゅりんだでございます。

さて、昨日のことを書きましょう。

まずは、御茶ノ水の「魚國」でランチ。
写真 1
小田原直送の新鮮な魚を使った料理。
煮魚ランチを食べる。鮮度高くて美味しかったけれど、こんな程良い量でもお腹いっぱいで全部食べられず。
何だか胃が小さくなったようです。
お酒を飲みたくなったけれど、夜飲むので我慢だ。

その後、歩いて近くにある神田明神へ。

今年の初詣は、神田明神でした。お知り合いの方から「初詣特別参拝証」をいただいたので、
お参りの長蛇の列に並ぶことなく、横をするっとすり抜けて、奥の拝殿で特別に参拝させていただきました。
そこでは、きっちりご祈祷やお祓いもしていただきました。さらに、御札やお菓子までいただきました。
お陰で非常に幸先の良いスタートになったのです。

そして、昨日もまた神田明神に行くことになりました。今年2回めの参拝です。

写真 2 平日でしたが、それなりの数の参拝客がいました。

境内に「神楽始 午後三時」という看板がありました。
実はその日、「神楽始」という行事があったのです。
何も知らずに神田明神に来たのですが新春の大事な行事なのですね。だから人が多かったのか!
一般参拝者も観覧参列することができるとのこと。せっかくの機会だから、見ていこうと思いました。

神楽始めは江戸時代より、神田明神のみで許された神楽の舞だそうです。

写真 3 「神楽」とは、神に歌や踊りを奉納する神事ですが、神と遊ぶ儀式でもあるのでしょう。 拝殿内で行われるのですが、混みこみというほどではなく、立ち見でしたがしっかりと見ることができました。 宮司の舞と巫女舞は静々とおしとやか、翁と天狗はテンポよく舞います。

艶やかな衣装と優雅な立ち振舞い……ただ、
一般客の撮影は禁止なので、画像はありません。

ここ数日、いろいろ考え事をしていたのですが、神田明神で引いておみくじの答えに「なるほど!」と妙に合点がいきました。私があれこれ思い悩んでいたので、導いてくださったのか神田明神。
なので、「神楽あるから見においで……」と、呼ばれたような気がします。
そういえば、ここのところ神田明神と御縁があるような気が……
将門公の首塚は時々、お参りに行っていたのですが。気に入られたのかしら??
その後、将門公の首塚に今年初のお参り。神田明神→首塚まで歩きましたよ。
首塚は心霊スポットなどと言われていますが、一度も怖いと思ったことがなく、むしろここは清浄な空気のパワースポットでしょう。

そして丸の内で、珍しい肉が食べられる店で夕ごはん。
エゾシカ、キジ、といったお肉を食す。どちらも脂っこくなくて上品でしっかりした味。
写真 4
夜のおやつはヴィタメールのチョコレートケーキ。
写真 5
なかなか歩いて、美味しい物をたくさん食べた一日でした。。。。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント