大阪・西成区の怪奇? 体験

 
明日というか今日は雪ですね。
冷え込みが強くなってきたなと感じます。

本日、不思議系サイト「トカナ」で表記のような衝撃記事がありました。
「なんで勃たへんねん!」大阪・西成での“恐怖”バイトをチャンス大城が語る!
http://tocana.jp/2015/01/post_5269.html
この記事に衝撃を受けて、私の体験した西成の思い出話を書いてみようとふと思ったのです。



その時、大阪に旅行する時、節約しようと安宿を探していました。
西成区で約1500円。風呂、便所共同の宿でした。
実際に泊まってみると、海外 からのバックパッカーの若いお客さんが多く、特に恐ろしい雰囲気ではありません。

部屋は狭いものの清潔で、ベッドとテレビがありました。
宿泊するだけなら何も問題はありません。それに、駅も近いです。

その時、私は実話怪談を集めていたので、受付の化粧の濃いパーマぐるぐるのおばさまに
「何か不思議な体験とかありませんでしょうか?」
と、尋ねると
「そんなものない!」
と、きっぱりと答えられました。
そこの宿の風呂は、時間で男女入れ替え制。
風呂に入れなかった場合、系列のホテルでシャワールームが使用できるとのこと。
私はシャワールームが使いたい旨を受付で申し出ると。
「はい、これがシャワールームの鍵」と言って、鍵をぼんと渡されました。
系列のホテルは歩いて5分ぐらいのところと道案内もされました。
鍵を握りしめて私は西成の街を歩きました。
裏通りに入った寂しい場所にそのホテルはありました。
外観からすると、私が泊まっているホテルよりも安そうです。
ドアを開けて玄関に入ると電灯がついておらず真っ暗……。
そして、そこかしこに男物のズック靴やらサンダルやらが散乱しております。
壁には指名手配犯のポスターが貼られていました。
ガラス戸をがらっと開けて、フロントのおパンチパーマのおじさんにシャワーを借りに来たと申し出ました。
おじさんは
「入っている人がいるからスリッパ履いてそこで待ってて」と言いました。
ビニールのスリッパに履き替えてぺたぺたとくらい廊下を歩き、シャワールームのドアの前で待っていました。
ジャージャーと水を流す音が聞こえます。
そして、時おり「ゲホッ!ゴホッ! オゲエ~! 」
というような激しく咳き込むおっさんの声が聞こえてきます。
しばらく暗い廊下の中でぼーっと待っていましたが、一向に出て来る気配がない。

しびれを切らした私はそのままシャワーを入るのを諦めて帰りました。
その他、西成で地下鉄に乗ろうとして階段を降りようとしたら、そこかしこにホームレスが寝っ転がっていたのにはびっくりしました。
ここは何だか異世界です。いや、新世界か?
てな、感じでチャンスさんが体験したほどの衝撃はありませんが。今でも強烈に残る思い出です。
大阪はガラが悪いというイメージが強いようですね。私はいちおう大阪出身です。
今は関東に住んでいますが。
この間久しぶりに大阪に行ってびっくりしたました。
大阪駅付近の陸橋で、物乞いをしている人たちがすらっといたからです。
ほんとうに目の前に空き缶を置いてひれ伏している人がいました。
東京では見かけなかったので……ここはインドだろうかと思いました。
だけど、すごい人と言えば川崎のほうがすごかったかな。
まあ、その件についてはまた日記にしたためようと思います。


人質事件の情報、2転3転していますね。
あまりダラダラ長く引っ張ると世の中の関心も薄れますよ~。
しかし、ネットはすごいですね。
イスラム国の人とツイッターでやりとりできるんですから。
まあ、中には行き過ぎて怒らせてしまった件もあるようですが……

【緊急】イスラム国、メンヘラ女のせいで徳島県をロックオン、今すぐ逃げろ http://dIC.aw1b.com/i/0iCD/dqGD/ #まとめ
メンヘラ http://dIC.aw1b.com/i/0iCD/dqGD/ #まとめ
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント