魔の2月!?に大厄歳って

2月もゆるゆると過ぎておりますね。

さて、
2月は奇妙なカレンダーだとネットでも話題になっております。
今月2月は823年ぶりの奇跡的なカレンダー?だと話題に。調べてみた
http://www.yukawanet.com/archives/4819625.html

2015.jpg
1日が日曜日から始まり、28日の終わりが土曜日となり、日曜から土曜日まできれいに埋まっているというのが話題。
13日の金曜日まであるじゃありませんか!
特に注目されているのが2月11日建国記念日。
しかも仏滅って……何だか不吉です。
「魔の水曜日」として恐れられているのだとか。

そして、不思議オカルトサイト『トカナ』において

地震予知研究家・作家 百瀬直也さんが表記のような話題の面白い記事を書かれております。
2015年2月11日に日本列島が切断される!? 「魔の水曜日」について緊急考察!!
http://tocana.jp/2015/02/post_5696.html

日本列島真っ二つかあ~! 昔、地震兵器HAARPが地球を真っ二つにするって記事を書いたけれど。

日本は割れるか沈没するかの運命なのかもしれません。


また、2月11日が騒がれる理由として

2001年9月11日 米国同時多発テロ
2011年3月11日 東日本大震災 
1995年1月17日 阪神淡路大震災 
このように、「11」という数字が入る日にちに、大事件が起こるという奇妙な符号があるのです。
阪神淡路大震災は 117から11取っているのでややこじつけ解釈ですが。

ところでなぜ、「11」と付く日に大厄災が? ということなのですが

『旧約聖書』の「モーセの十戒」で、モーセは10の戒律を神から授かった。 ゆえに、11はそれに反逆する意味なのだ。
いわゆる世界を支配している闇の組織は 数字遊びいわゆるゴロ合わせで事件を起こすなどと言われています。 「11」はフリーメーソンのシンボルである定規とコンパスの「定規」を表すそうです。
ではでは、やっぱり2月11日に何か起こるのか~!

と、いえばそんなことはないでしょう。


まあ、これらは単なる陰謀論にしか過ぎません。

それにもし、闇の勢力の仕業で2月11日に大きなことが起これば
「やっぱりあいつらの仕業だ」ってバレバレとなりますし。
地震は毎日起こる可能性はありますしね。


皆が注視している時は何も起こらない、ノーマークの時に起こるものです。
案外、平和に過ぎるんじゃないでしょうかね。


写真 5でででーん!

今年は恵方巻を食べました。
1本500円の恵方巻。
今年の恵方を向いて、願い事をしながら無言で一気に食べるらしいですが
昔、そんな作法だったけ? と、思いました。

私は小さい頃から恵方巻き食べた記憶がありましたが
東京のほうでは最近出来た習慣何じゃないの? と言われました。
なるほど、私は大阪出身なんですが
どうやら、関西発祥の風習のようですね。
商売繁盛祈願だったそうで。
ちなみに、最後まで食べきれず、3分の1ほど残しました。
スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント