平将門様にまつわること

 
最近、特に今年に入ってから、平将門様とのご縁を感じます。

東京に出て来て、身寄りもなかった私ですが

鬼子母神が母親、平将門は兄と勝手に慕っていたものです。

平将門様は、巷では日本最大の怨霊と恐れられていますが

実際に首塚に行ってみると、清浄な空気が流れるパワースポットという印象。

まったく怖いという感じはしませんでした。


昔、平将門の怨霊伝説の件で、神田明神で取材致しましたが

日本の神は祟ると言う。

ゴロゴロピシャーンと鳴る「カミナリ」は「神が鳴る」つまり神の怒りを表すのであり

カミナリの別の言い方で「稲妻」と言うものがあるが、神の怒りのカミナリが鳴り、恵みの雨が降って
稲が育つ。

神とは畏れ敬うものであり、怒りを沈めるために祀るのである。

非業の死を遂げたとされている平将門。その無念の力が巨大パワーの怨霊と化したのか
それとも、人々の祟を恐れる心が力を与えているのか……

とにかく、大手町再開発計画においても、将門公の首塚だけぽっかりと避けて開発しておりますからね。
やはり恐れられているとしか考えられません。

たたりを意識? 大手町再開発、「将門の首塚」は計画外

http://www.asahi.com/articles/ASGDC5S17GDCULFA020.html


今年に入ってから、神田明神の「初詣特別参拝証」を人からいただき、
特別に祈祷してもらえました。
その他にも、神田明神や首塚付近で急に用事が出来て、ついでにお参りする。
人から「連れて行ってくれ」と言われて、神田明神や首塚に行くことになる。

まあ、何だかんだと導かれているわけです。

この間、「魔女呪術師 ユリアの放送禁止」収録後、

北芝健さんから、突然、平将門の話しが出ました。

北芝さんは将門公ゆかりの「國王神社」に行かれたとか。

http://www.kokuou.or.jp/

國王神社って最強の名前ですね。 「国王」と「神」が入っていますから。

そこで、北芝さんに「最近、私はなんだか将門公と御縁がある」といった話をすると

私の「白神」
という名が秋田の「白神山地」に由来するのではないかと。

将門は秋田で子どもを作ったという話があるそうです。

なので、自分の系統であるからご加護があるのではないかと。

北芝健さんの考察に妙に納得し、また、不思議な気分になったのです。

そういえば、平将門の娘とされる伝説の妖術遣い「滝夜叉姫」がいます。

彼女の伝説が秋田県の田沢湖の側に残っているとか。

まあ、偶然かもしれませんがそうやって推理して紐解くと面白いものです。

見えない世界のメッセージはとにかく回りくどくて、答えに行き着くまでにいろいろと旅をさせられます。

近いうち、「國王神社」に赴き、いろいろと平将門の伝説を調べてみようと思います。

神田明神 小
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/03/16 (Mon) 04:13 |  | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント