日本滅亡を予言した『日月神示』ゆかりの地へ……

 
以前から行きたいなと、思っていた場所に行くことができました。

佐倉市に向かう道の途中にあったので、寄ることが出来ました。

『麻賀多神社』です。 

ここは日本の預言書として有名な『日月神示』ゆかりの神社です。
http://www.makata-jinja.com/

岡本天明は、この神社の境内で啓示を受けたのだとか。
店名は、いわゆる自動書記で神からの伝言を書き記したのです。

日月神示の詳しいことは以下の記事に以前書いております。
よろしかったら読んでくださいね。


[終末思想プレイバック]
「日本の国は一度つぶれたようになる」予言書『日月神示』に書かれた日本の未来
http://happism.cyzowoman.com/2012/12/post_1647.html

予言書「日月神示」が的中した? 日本の創造神「国常立尊」がついに始動、富士山噴火・日本壊滅の危機
http://tocana.jp/2014/10/post_4958_entry.html

「江戸は何うしても火の海ぞ」当たりすぎる予言書『日月神示』が示す、2018年日本崩壊説!!
http://tocana.jp/2014/09/post_4761_entry.html

m1
東日本一の大杉があります。

m2

m3

m4

麻賀多神社の境内にある、天之日津久神社 ここで天明は啓示を受けたのだとか。

m5

ご神木の大杉、とても迫力があります。樹齢1300年ですから、聖徳太子のいる時代と重なるか?

m6

境内はひっそりとして古めかしい神社です。しかし、気がひんやりと澄み渡っていてとてもきれいでした。
車がないと来れない交通不便な場所にあるにも関わらず、しかも平日だというのに、参拝客がひっきりなしに訪れていました。かなり御利益あるのかな?

昨年の御嶽山の噴火ですが、
「木曽の御嶽山」として、古くから山岳信仰の霊山として有名。
この山の御祭神は、なんと国常立尊。
『日月神示』は、「国常立尊」(くにとこたちのみこと)を筆頭とする、高級神霊団からの神示を受けて書かれたもの。

『日月神示』には人類の終末の様相が描かれています。
つまり、昨年の御嶽山噴火からいわゆる滅亡カウントダウンが始まっているのでしょうか?


ということで『日月神示』のことがふと思い起こされる今日このごろ。
麻賀多神社もふと思い付きで行ったので、行った翌日にイルカ打ち上げ騒動が……

最近は、イルカが海岸にたくさん打ち上げられたり、地震雲が現れたりいろいろ穏やかな状況ではありません。

これも啓示か? などと大げさなことは思ってませんが。。。。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント