一言主神社 将門公ゆかりの地 今度はアザラシ?

最近、参拝した神社について。

今回は「一言主神社」です。

http://www.hitokoto.or.jp/index.html

神社とは私の場合、「よし行くぞ!」と、決めて行くよりも、誰かに誘われて連れて行かれる
たまたま近所に用事がある というように、呼ばれて行くことが多いと感じています。

今回も友人が連れて行くと行ったのでこれは参拝のタイミングかなと思った次第です。
交通不便な場所なので、車で行けるならラッキーだしね(^^)

「一言主神社」の近くには「國王神社」があります。(近いと言っても、車がないと行けないけれどね)

なので、もしかするとここの神社も将門様と縁があるのでは……?

と、思ったのです。

巫女さんに聞くと
「将門の子孫により、本殿が建てられた」と、教えてくれました。

前回は、そんなことを気にもとめずに参拝しましたが、
そう、やはりここも将門様と関係があったのでした。

神社のHPに、

一言主大神を篤く信仰していた下総国守谷城主相馬弾正胤広侯(平将門の後裔)の
寄進によって長禄三年(西暦1459年)に再建されました。

相馬弾正胤広 そうまだんじょう たねひろ すごい名前ですね。

と、説明があります。

祭神の 一言主神は、言行一致の神様。どんな一言でも疎かにせず叶えてくれるそう。
言霊という言葉があるように、発する言葉には力があるのでしょうね。

H2.jpg

H1.jpg

参拝する時はどういうわけか、小雨が降っていたり、曇天です。
なので、こちらの神社は湿気た水っぽいイメージがあります。

H3.jpg

参拝の後、「グルービー」というパスタ屋で食事。出来たばかりのお店で店内は新しくきれい。

H4

パスタの味がしっかりとしていて、材料がたっぷり入っています。
とても美味しいけれど、普通サイズで大盛りなボリュームでした。(*_*)


昨日の夢は イルカの次は、アザラシが大量に打ち上げられたというものでした。
地震報道騒ぎの件が潜在意識に響いたのでしょうね。 ^^;

ともかく ゲリー・ボーネル氏の12日は外れましたね。


この時期にイルカの大量座礁は過去3回ありました。
そのうちの1回がたまたま東日本大震災前だったのです。
理由は、海水の水温が例年より極端に低くなったためだとか。
イルカは18度以下の水には行かないのだそうです。
進路に冷たい海流があったため避けるようにして移動したら、打ち上げられたという説。
それに加えて天敵のシャチに追われたことも重なって浜辺に来てしまったのだとか。なので、今回の座礁の件に簡しては地震の前兆現象と直接結びつけることはできないかもしれません。
ただ、水温が例年になく低かったという点が何なのか専門家でないので分かりませんが……。

スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント