「公安は宇宙人の存在を信じている…というより“常識”です」東スポのオカルト担当者に直撃インタビュー!

 
酒を止めてしゃっきと朝早くから起きて仕事を……

などと思っていても、夜の酒が止められんのでございます。まあ、もっぱら家で1人飲みですけれど。
まあ、アル中ではないのでご心配なく(*_*)

過ごしやすくなって来たので、酒や食べ物持ち寄りで、芝生の上で飲み会何てのも楽しそうですね。(^^)


さてさて、不思議オカルトサイト『TOCANA』に記事が掲載されました! (^^)


「公安は宇宙人の存在を信じている…というより“常識”です」東スポのオカルト担当者に直撃インタビュー!
http://tocana.jp/2015/05/post_6143.html

三浦


「東スポ」でオカルトスクープを担当されている三浦伸治さんに私が直撃インタビュー記事が掲載されています。
まずは第一弾掲載。第二弾は明日というか本日、配信予定です!(^^)
お楽しみに!

この記事には掲載出来ないオフレコの話しもたくさん聞けました! 
さすがは「東スポ」^^;
しかし、自然とスクープが集まって来るってうらやましい状況ですなあ。

そして、ただいま発売中の私が企画したムック
『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアコレクション、ダイアプレス、税込700円)。主にコンビニで販売されますが、アマゾンやネットショップでも販売されます。

恐怖の洗脳ファイル

コンビニやネットでしか販売していないと思ったのですが、近所のオークスブックセンターでは、2冊置いていました。
書店でも置いている所があるみたいですね!

私は主に、洗脳猟奇殺人事件、カルト洗脳事件、洗脳陰謀史、芸能人の洗脳汚染について
執筆しております。
他のライターさんの記事もすごく面白いです!

百瀬直也さんの原発洗脳の記事、相原秀太郎さんのNHK朝ドラ洗脳など
よく掲載できたなあと^^; 

まあ、私のカルト記事もタブーなんですけれどね。^^;
でも、必見ですよ。これは他では読めません!非常に貴重ですよ。
タブーに踏み込みまくりですが
大手出版社では掲載できないような話しも記事に出来るのがムックの魅力なのかもしれません。

このようなおどろおどろした話しが私は好きなのです。

実話怪談に夢中になっていたころ、読んでいるうちにどれも怖くなくなった。

そこで、出会った平山夢明さんの『東京伝説』
容赦無いグロ残酷描写で、「私が求めていたのはこれだー!」と、夢中になったものです。

やはりキックが必要なんですよ。キックが!(^^)

ということで、またまたキックのある本が作りたい(^^)


しかし……冗談抜きで、我々は本当に洗脳されている。
それを少しでも気付いていただくために、この『恐怖の洗脳ファイル』にほんの少しだけ目を通していただければと思います。

だいたい、私達が正しいと思っている事柄の根拠は何でしょうか?

答えを聞いてみたら
「皆そうしているから」「それが当たり前」「男はそういうものだ」「女はそういうものだ」
というように、これといった根拠なく常識と思って信じている。あるいは良しとして思い込んでいる。

特に、高度成長期に生まれたり育ったりした人は、うちの親もそうでしたが
まったく自我というものがない。
学校や親から刷り込まれた価値観で生きているから、人の言いなりで自分の考えがない。
フランケンシュタインみたいな人が多い。
だから、そういう人は面白くないんですよね。
どんなに高学歴であったり社会的地位があったとしても心に響くような
魅力がない。

なので、自分はどう思うのか? という事を主軸に考える。
人からこうしなさいと言われて従うのは楽ですが、遠回りしてウンウン悩んでも自分の答えに従う。

本当に生きるとは?

その辺りの事も、巻頭インタビューで
メンタリストDaiGoさん
漫画家 手持望さん
が答えられています。

『恐怖の洗脳ファイル』の内容について、共著の百瀬直也さんがご
自身のブログで素晴らしく紹介してくださっています。ぜひ、読んでいただきたいです。(^^)


強調文n style="font-size:large;">拙著ムック『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアプレス)書店やコンビニで発売開始+内容紹介
http://tsuikyu.hatenablog.com/entry/2015/04/29/sennou?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

『恐怖の洗脳ファイル』については今後も内容に触れていきますので、お楽しみに!(^^)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント