外池酒造

 
GW期間中の話しに舞い戻ります。

まあ、私のようなフリーランスは世間がGWだろうが何だろうが
あまり暦と関係ない生活を送っているのですがね。

私、オカルト酒評論家として、ここのところ酒蔵を訪ねております。

益子陶器市に行く前に
こちらの
「外池酒造」さんに立ち寄りました。
http://tonoike.jp/

外池酒造

無料試飲ができます!
酒たち

午前中から飲み過ぎ注意報です

さんらん

燦爛 本醸造生酒 花さんらん
フルーティーな香りと甘いお酒。この季節にしかできないお酒。
リーズナブルな値段で大吟醸の味わい!

ワンショット


リッチなお酒は、ワンショットもいただく

横顔

むう、美味

ギャラリーカフェ『湧(わく)』では、
コーヒーと酒粕てらセット を注文。

カステラ

酒粕てら(さけかすてら) は大吟醸酒の酒粕入りパウンドケーキ
ブランデーケーキに近い?でも、意外と美味しいのである。

古い日本家屋の雰囲気のある店内。

カフェ店内

近くにこんな落ち着けるお店があったら入り浸りそうです!

酒蔵見学もできます!

しめなわ

入り口に、しめ縄。まるで神社のよう。やはりお酒の神様がいるのですね。
酒蔵の不思議な話し、いろいろありそう。

ずらり酒歴史写真

歴史や資料が展示されています。


奇才

御神酒頂戴式の展示。

御神酒頂戴式(おみきちょうだいしき)は、栃木県益子町指定無形文化財で、江戸時代 から続く伝統行事。
関東三大奇祭で毎年7月に開催される益子のお祭り。
1年365 日にちなんだ3升6合5勺(約6.5l)の大杯に注がれた熱燗を当番町内の男衆で飲み干し、五穀豊穣・無病息災・家内安全を祈願するという強飯行事。

何だか面白そうなんで、参加してみようか? と、思ったり(笑)

皇太子さま

左側の 燦爛 郷のめぐみ 純米吟醸生原酒
は、何と皇太子さまに献上したお酒だとか。

原酒なので日本酒本来の濃い味わい。辛口だけれど香りも良くてのみやすい!
これで1700円とはコスパ良すぎ!

というわけで、午前中からすっかり幸せ気分でよっぱらったのれした(*_*)

最近、箱根山がいよいよ危ないですね。511危ないと騒いでいるようですが、私はその日は意外と何もないと思う。
起こるならもっと後かな?

滅亡論についてもまた書こうと思っとります。

そして、ただいま発売中の私が企画したムック
発売中!(^^)
『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアコレクション、ダイアプレス、税込700円)。
主にコンビニで販売されますが、アマゾンやネットショップでも販売されます。
書店でも置いている所があります。近所のオークスブックセンターでは、置いていました。
恐怖の洗脳ファイル

ダイアプレス
http://diapress.jp/archives/5510.html


ムックでインタビューさせていただいた方の話しもまた改めて記事にアップしようかと思ってます。
ああ、いろいろ宿題あるなあ^^;


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント