超不都合な驚知トーク

昨日、久々にオカルト系イベントを観に行きました。

2015年7月18日(土) 13:30-16:30PM
『未解決ミステリーに挑む 超不都合な驚知トーク 2015』
山口敏太郎 x 北芝 健 x 水守 啓(ケイ・ミズモリ) + 水木ノア
http://www.keimizumori.com/events.html

DSC_0017.jpg

会場は、JR川崎駅からほど近い「東海道かわさき宿交流会館」

主催は、リバース・スピーチ分析研究で有名なサイエンス・ライターの水守啓さん。
オカルト作家 山口敏太郎さん、元警視庁刑事 北芝健さん

DSC_0025.jpg

濃い方々による熱いイベント!どんな科学反応というか爆発が起こるか楽しみです^^;

司会の水木ノアさん、初めてお目にかかりました。かわいい衣装がよく似合っていて、スタイルも良い美人さんでした。
シンガーソングライター以外にも、宇宙人コンテストin福島実行委員長という素晴らしい肩書までお持ち。
さすがはオカルトイベントの司会者です^^;

DSC_0048.jpg


第1部
水守啓さんは、古代エジプトにおける匠の技術を紹介。
固い石を垂直に切ったり、穴を開けたりするには、現代では特殊な機械を使わないと出来ない事。

石を削ったり掘ったりして作った壺もあるのです。
金属パイプのような物で穴を開けたという説もありますが、古代インカ帝国で用いられていたある意外な方法を実は使っていたのでは?という仮説でした。

また、アトランティス大陸は地下にあり、そこに行くためには霊性が高くないと行けないらしい。
厳格な菜食と嗜好品の禁止をしなければ霊性は高まらないそうで、むう、私はアトランティスに行けないかな。^^;
前世、レムリア人だった私はアトランティスに連れて来られ、そこで超能力技術をアトランティス人のために駆使していたのです。
というようにアトランティスの記憶はあるんですけれど←暑さでやられて危ない事書いてるぞ!
それでも行くのは難しいのでしょうか?

DSC_0076.jpg

第2部
山口敏太郎さん、柳田国男から水木しげる そして、妖怪ウォッチまで、妖怪を民族学的なことをからめて
分析しながら妖怪進化論を解説。
妖怪が今のようにキャラクター化したのは、水木先生のせいであり、それも昭和30年代後半だったとか!
また、妖怪は後付などによる変化で元々あった形や性質まで変形するという……。

とりあえず大家になるには水木先生のように長生きしないとなあ……と感じたのでした。

また、座敷童の恐るべき貴重な話しを聞いてしまいました。
敏太郎さんの話を聞いてふと思い出したのが……

もしかすると私の実家にも座敷わらしのような呪術がかけられていたのだろうか?
旧家だった我が実家は、築100年ぐらいの木造の屋敷があったのです。

長く伝わる家に特有の因縁はあったと思いますが、その木造屋敷を改築でいじってから
一気に没落したというか……

家をいじった事で触れてはいけない禁忌の封印を解いたのかもしれません。これは仮説ですけれどね。

第3部
北芝健さんのコーナーですが、山口敏太郎さんと対談形式のミニトークショーです。

現在話題の『絶歌』から始まる出版業界の裏話や印税のカラクリ。

オウムから派生する裏社会の話。麻原の死刑の可能性……

安保デモをやっている人たちの正体は……?

我々が表で聞かされている情報とまるっきり反対だと言ってもいいぐらい
恐ろしい話がポンポン飛び出てあっという間に過ぎてしまいました。^^;
書きたいけれど、ここには書けないな。^^;

DSC_0055.jpg

DSC_0069.jpg

妖怪、陰謀、古代文明の謎……盛りだくさんでお腹いっぱいのイベントでした。

今回のイベントレポをまた近日中にオカルトサイトTOCANAに掲載予定。楽しみにしてください!(^^)

私が企画したムック発売中!(^^)
『恐怖の洗脳ファイル』(ダイアコレクション、ダイアプレス、税込700円)。

恐怖の洗脳ファイル

ダイアプレス
http://diapress.jp/archives/5510.html


スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント