鰻を土用の丑の日の前に食す!

7月24日は土用の丑の日 鰻を食べる日とされています。
このなわらし、江戸時代に鰻屋の売上を伸ばすために、平賀源内が作ったとされていますが……。

私自身は、全然気にしてなかったのですが「食べに行こうと」誘われ行くことに。

お店が混むと見越して、1日前の23日に食べに向かったのでした。


「大和田」さん

http://www.geocities.jp/unagiowada

こちらは、ランチで食べたことはあるのですが、
夜は初めて。

開店前から行列が。でも、隣にいたおばさまによると、「今日は空いている」とのこと。

店内は和風モダンな感じで、さりげなく置かれている壺などにセンスを感じます。

こちらは坂東太郎ブランド鰻。

注文してから調理するので、待つこと1時間近く!

その間、まだ明るいうちでしたが酒を飲みながら待ちます。

鰻に合いそうな大吟醸「豊杯」です。

酒

そして、鰻が来る頃にはすっかり出来上がり……

鰻重箱

蓋をあける瞬間がドキドキ……

鰻2

ババーン!

なk見

かさね重にしたので、真ん中にも鰻が! 重ねて鰻登り! 縁起が良い(^^)

鰻はほろっと柔らかく、程良く脂も乗っており、香ばしく美味。

タレは上品な味でした。(^^)

肝吸い
肝吸い

ご飯も大盛りで頼んだから、お腹パンパンに……^^; 欲張りすぎたか。

栄養価満点の鰻を食べたので、暑い夏を乗り切れるでしょう(^^) グルメリポでした!



スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント