ヒバゴンの再来!? 脊振山で発見された巨大生物は日本版ビッグフットだった?

 
不思議オカルトサイト TOCANAさんに記事が掲載されました!

ヒバゴンの再来!? 脊振山で発見された巨大生物は日本版ビッグフットだった?

http://tocana.jp/2015/11/post_7853_entry.html


10月に、福岡と佐賀の県境にある脊振山(せふりやま)で“謎の生物”が相次いで目撃され、話題となりました。
日本版ビッグフットの発見か!?
というニュースでした。

ちなみに先日、関東最強のパワースポットと言われる三峯神社にお参りに行きました。

DSC_0493.jpg

特徴的な三鳥居

DSC_0495_201511172356517ff.jpg

これまで行ったことのない宝物殿へ初めて入りました。

DSC_0497_201511172356528fb.jpg

ニホンオオカミ展が開催されていました!

絶滅したとされていたニホンオオカミらしき姿が三峯神社付近、秩父山で目撃されたり
写真まで撮られたりしていたのです。

実はひっそりと生きていた可能性が。

存在しているなら、この目で見てみたい。

けれど、そっとしておいてあげて欲しい。人間の勝手な乱獲で絶滅に追い込んだのだから。

と思いました。

そして、

イラストレーター・UMA研究家の岡本英郎さん
と共同で企画・執筆した
私こと白神じゅりこの著書がダイアプレスさんより発売中。



61OzjkG3V0L__SX351_BO1,204,203,200_

10/31発売
『UMA未確認生物の真実:DIA Collection』 
岡本 英郎 (著), 白神 じゅりこ (著)
780円


かなり好評のようです! 書店やコンビニで見かけられたらぜひ、読んでみてくださいね(^^)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント