八王子城址 レポ その1

 

八王子城址に初めて行って参りました。

戦乱の世、落城の際に多くの人々が亡くなられた悲劇の歴史の場所。

ここは必ず出ると噂される日本でも有名な心霊スポットである。

私も実際、色んな人から数々の体験談を聞いた。

奇妙な妖怪に襲われたとか、不気味な黒い影につけられたとか、その他不思議な現象を目撃したとか、行った後に奇妙な夢を見たとか……。

 いつか私はこの目でどういう所なのか実際確かめて見たいと思っていたのでした。

 

日曜日の朝、早朝に1回目が覚めたのですが、前日の酒が残っていたせいか、次に起きた時は昼になっておりましたorz

しかし、それでも行くのだと、一路八王子城址に向かったのでした。 八王子城が呼んでいる~

我が家から片道2時間はかかります。

中央線に乗り、電車で揺られて最寄りの高尾駅へ。

久しぶりの高尾駅にはお洒落なカフェなど出来てちょっと雰囲気変わっていました。

高尾に降り立ったのは約二年前の天狗サミット以来。諸事情あって高尾は鬼門と思い込んでいましたが、今はもう全然平気です。またじっくり高尾山んいも登りたいなと思っています。

そこからバスに乗り、霊園前で下車。バス停が霊園前というぐらいだから回りはお墓だらけです。
CIMG3241

そこからまた徒歩15分ぐらい歩いたところに八王子城址の麓の駐車場があります。

着いたらすでに午後3時は回っていましたっけ。何て遅いスタート。 桜が咲いていて綺麗でした。

 

途中、悲劇的な最後を遂げた八王子城の城主、北条氏照公のお墓にご挨拶がてら早速お参りに行きました。急な階段を登った山林の中にありました。

背後に苔むした墓石が転々と点在しています。それを見ると何とも言えない寂しい気持ちになりました。

北条氏照公のお墓の近くに、八王子城址歴史資料館というものがありました。


この資料館は、明らかに個人の家で、門には表札もあります。八王子城の家来の鎧兜そして戦国武士の貴重な物が展示されているそうです。

不思議珍スポット大好きの私としては食指が動くのですが、時間があまりなかったのと、一人で入るのはどうも躊躇ったので、また次回ということで先に進んだのでした。

 

続く…

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント