気になるオカルトニュース 「ギリシャ時代のノートPC」

 
気になるオカルトニュースを紹介します。

古代ギリシャ人は“ノートパソコン”を使っていた!? USBポートまでクッキリの驚愕彫刻!

http://tocana.jp/2016/02/post_8781.html

以下、TOCANAからの記事引用


 
  またも古代人の技術レベルの高さを物語るような衝撃的発見が報告され、各国のオカルト研究家たちの間で大きなどよめきが巻き起こっているようだ。
 というのも、今回の発見により、古代ギリシャ人たちがラップトップコンピュータ、すなわちノートパソコンを使っていた可能性が浮上したというのだ!
 早速、古代ギリシャの遺跡で発見された問題の彫刻をご覧いただこう。

ギリシャ パソコン

画像は「The Daily Mail」より引用

 イスに腰掛けた女性と、その侍者らしき子ども。優美に伸びた女性の右手の先には――なんと、画面を開いた状態のノートパソコンが! それを支える侍者の手元からは、ノートパソコンがUSBポートやヘッドホン端子のような(?)外部接続端子まで備えていることがわかる。見れば見るほど、女性がノートパソコンを使っているとしか思えない驚きの姿だ。

ノートPC拡大図
画像は「The Daily Mail」より引用

 問題の彫刻は、紀元前100年ごろの遺跡で発見された墓に施されていた装飾であり、「Grave Naiskos of an Enthroned Woman with an Attendant(侍者を従えた高貴な女性 ― 荘厳な小神殿にて)」と名づけられている。当時は、死者の墓に「この世の楽しみがあの世でも続くように」との願いを込め、故人が生前愛していた物事を刻む風習があったようだ。


引用ココマデ

それにしても、本当にノートパソコンにしか見えない。
ノートPCにタッチペンで何かやっているとしか……
一説には宝石入れとかいう話しもあるが、それにしては薄過ぎないだろうか?

古代のレリーフにはいろいろと時代にそぐわない近未来的なものが描かれていたりします。

もしかすると、古代のほうが科学技術が発達しており、現代は後退しているのかもしれません。

少し前に、

古代スペインの16世紀から18世紀の間に建てられたサラマンカの新大聖堂に、
NASAの宇宙飛行士のレリーフが彫られており
「オーパーツか!?」と話題になりました。


サラマンカの宇宙飛行士


しかし、こちらは
16世紀に彫られたものではなく、1992年の修復工事で付け加えられたものだったそう。

「捏造されたオーパーツ」だったのです!


参照: オーパーツなのか?宇宙飛行士が古代に?サラマンカの宇宙飛行士の大聖堂の謎
     http://karapaia.livedoor.biz/archives/52186139.html

ということで、こちらの「古代ギリシャ人のノートPC」も誰かのジョークでなければいいのですが(笑)

スポンサーサイト

Comment

あなたのオカルトホームドクター?U #1wIl0x2Y

はたしてノートパソコンか!どうなんでしょ

失礼します。お邪魔です。自称オカルトドクターUです。 初コメントです。このノートパソコンかと思われるものですが、ノートパソコンにしては、縦横が、短く。液晶パネルも、そんなに大きくはないだろうと思います。液晶パネルが、小さいなら、この貴婦人は、もう少し頭を下げて、覗きこむ体勢を取るのではないかと、ではなんだろうかな? 化粧箱で、開いて、化粧用の筆を取ろうとする前の動きではないかな?ノートパソコンを持っ召し使い、いや、娘? まだ小さな娘が、日常生活の一場面を スケッチした光景ではないかな?と ノートパソコンなら、もう少し、持っている方が、貴婦人に近づく必要があるように思いました。 あくまでも 想像と妄想ですが、興味尽きません。

2016/03/21 (Mon) 06:26 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント