香取神宮スピ旅行記 ~ご神託~

先日の佐原、鹿島神宮旅行記の続きです……(^^)

鹿島神宮スピ旅行記 - パワースポット

香取神宮


鹿島神宮から車で約30分とわりとほど近い距離にある「香取神宮」へ続けてお参りに行きました。

同行の友人から占星術でご神託を受けるのに、ちょうど良い時間帯が4時と出ていました。

特に意識していなかったのですが、何となく移動したらちょうど4時に境内に到着しました。

香取神宮の御祭神は、経津主大神(ふつぬしのおおかみ)

経津主神(ふつぬしのかみ) | 日本の神様辞典

創建は神武天皇十八年(紀元前643)と神代の時代まで遡る2000年以上もの歴史ある神社。

江戸時代以前から「神宮」と称されているのは、
伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の三社だけです。

香取神宮

黒塗りの重厚な社殿がいつみても美しい……

1番高貴な色なので、黒になったのだとか……

香取神宮拝殿


こちらでもおみくじを引きました。
不思議なことに鹿島神宮とほぼ内容は同じ。

今は、粛々と目の前のことをこなし、準備する時期なのだという。

その後、成田にある大和の湯に行きました。

千葉県の日帰り天然温泉【大和の湯】


こちらは刺青・タトゥーがあっても入浴可能なのです。

確かに最近は、欧米文化の影響もあってか、若者におしゃれでタトゥー入れる人も増えました。

刺青入っているからといって、必ずしもその筋の人ではないのですね。

それに、もうじき東京オリンピックですし。
そうなれば、タトゥーの入った外国人も多数来日しますからね。

そのあたり、柔軟性が必要になって来ているのかな。

女子風呂では、天使の羽根やら、アラベスク模様のようなおしゃれタトゥーの若い女性などがいらっしゃいました。
男子風呂も般若、昇り龍、桜吹雪とか拝めたそうです^^;

大和の湯は、建築家の羽深隆雄氏の設計によるデザイナ-ズ温泉。

建物の中も外もおしゃれな作りです。ただ、素っ裸で階段を登り降りして温泉場から温泉場に移動が少し寒いかも。^^;

でも、露天から眺める、自然の木々と星空はロマンチックです。(^^)
おすすめの温泉ですよ(^^)

大和の湯建物


帰宅して、佐原のお神酒で一杯しました。

佐原の酒


スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント