幻影城

 
さてさて、トリック オア トリート 魔界を後にしてイベントのある新宿に向かった画家のSAWSINさんと私じゅりんだ

直木賞作家でホラー小説を書いておられる朱川湊人さんの「赤々煉恋」の文庫化記念(この本の巻末寄文をママのちさとさんが書かれた縁で)新宿ゴールデン街の幻影城でイベントが行われるのです
あの憧れの幻影城!江戸川乱歩の世界をモチーフにされ、あの平山夢明さんのお話にも出てきた新宿ゴールデン街のバー。 w(゚o゚)w オオー!
著名なミステリー、ホラー作家も多数来店しており怪談書きならぜひ行ってみなくては。

SAWSINさんの手には本日発売されたばかりの「赤々煉恋」が…
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488550028
本購入をすっかり失念していた私
さてさて彷徨いながらもヨロヨロと新宿に漂着。

新宿ゴールデン街~♪
いよいよミステリーホラー作家の聖地というべき憧れの
『幻影城』です。
http://homepage3.nifty.com/genei/
さて何故この『幻影城』の名前がインプットされていたかというと。
平山夢明先生が「超」怖い話の中で
…取材先を含め、多くの方々に助けられてしましました。特にゴールデン街は『幻影城』の、ちさとママには多大な助力を賜りましたこと心より御礼申し上げます。…
そうなのです!あの平山夢明先生にガチ怪談ネタを多数提供されていた
ちさとママさんのお城なのです!す、凄い!
しかも、ちさとさんは「明神ちさと」というペンネームでも小説などを御執筆
何とてのひら怪談や超-1にも投稿されていたとか!ますます吃驚
その中で作品抜粋させていただきました。
てのひら怪談 『ピンク色の牛乳』http://blog.bk1.jp/kaidan/archives/010005.html
恐ろしい因縁めいた物を感じる後味の悪さ抜群。牛乳飲めないわたらーっ(汗)
超-1 2009 山男の歌
http://www.kyofubako.com/cho-1/2009/entry-blog/blog.cgi/permalink/20090305042323
私このお話好きです。雪山の寒々とした情景。それに絡んでくるアヤカシ。情景がリアルに浮かんできます。そして恐ろしいのにどこか物悲しい体験者の心理描写が圧巻!
お化けがどーんと出てくるわけでも血が出るわけでもない。しかしここには何らかのメッセージ性が感じられる。私、これこそ実話怪談ではないかと思うんですよね。

幻影城はすっかり顔馴染みの画家SAWSINさんの後をトコトコ付いて行きながら、扉を開けて急な階段を登っていくと、めくるめく江戸川乱歩の幻影の世界、バーカウンターの中には美しき城主:黒蜥蜴ちさとさんがいらっしゃいました。

写真を撮りたいと申し出たらポーズをとってくださいました。
本当にため息が出るほど美しい方でした

奥の席にはすでにイベントの主役:朱川湊人先生がいらっしゃいます。
ホラー小説家であり直木賞作家です。(2005年に『花まんま』で直木賞受賞。)ううう、やはり大作家オーラというものを感じました。恐れ多くて近づけん。何でこんな時に私は本を持ってこなかったんだろう。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァ
しかし、その後ちゃんと「赤々煉恋」を書店でゲットしました。
次回があればちゃんとサインしていただきます (^∀^)

幻影城は各界のトップでご活躍の文化人が集うハイセンスな大人の世界なのです。
江戸川乱歩のお孫さんも来られたり、菊地秀行先生、異形コレクションの井上雅彦先生・・・まあこれ以外にも数え上げたらきりがないぐらい多数いらっしゃっているのです。
ちさとさんは、トリックの館長さんともお友達なんですって。
各界でご活躍中の素敵な方々とお知り合いになれました。 (・∀・)つ

SAWSINさんのご友人で画家の
★野川徹(Toru Nogawa)様
http://edengallery.nobody.jp/index01.html

画家さんです。本の装丁も手がけていらっしゃる。本当に多彩でクリエーターとしての姿勢なんかもお話聞けて本当に面白い方でした。 まるで写真のようですが油絵なんです。不思議な世界観で魅力的です。
トリックの館長や幻影城のちさとさんをモチーフにした絵も描かれていて、それぞれの店に飾られていました。
野川さんの展覧会が間もなく開催されます。
Toru Nogawa 展 虚構の指環
W.R.Wagner [ Der Ring des Nibelungen ] より
2010年2月21日(日)~3月6日(土)
OPEN 12:00pm~7:00pm 最終日5:00pm 2月28日(日)休廊
gallery nike 東京都中央区銀座8-18-3 銀座永井ビル2F03-3543-6040
http://edengallery.nobody.jp/information.html
ご興味ある方はぜひ!私も行こうと密かに思っておりまするほっとした顔

芸術家でゴスロリ系のファッションがお似合いの
★Witch Rose 様乙女座
http://www.myspace.com/1001014151

★漫画家の井上元伸 様
http://inoinomotomoto.at.webry.info/
ここのところ大手の出版社のパーティー続きで忙しい所を抜け出して幻影城のイベントに来られたのだとか。人気漫画家は大変ですね
描かれる 漫画の画風のイメージ通りのワイルドで逞しい感じの方でした。 私が山口敏太郎さん監修の「U-SPIRITS」というムックに怪談書いてますという話をしたら、実は井上さんは山口さん主役の漫画を書かれた事があるとの事。 山口さんって漫画で画かれるたびに学者っぽい感じだったり、マッチョな感じだったりイメージが変わるので本当の正体は謎だねとかお話した。井上さんが
「山口さんって凄いんだよ。ムササビのように空を飛ぶんだ」
という貴重な情報を入手しました。

赤ワインに酔いしれつつ美味しい御摘みを食しながら、まあ素晴らしい出会いと刺激を受けたのでございます。

あっという間に楽しい時間は過ぎ、そろそろ終電の時間が…。
ソウシンさんも松田さんのお家へと帰るので野川さんと3人で一緒に幻影城を後にしました。 3人でまた夜の街をそぞろ歩きながらお話をして、新宿駅で解散いたしました。 ああ、幻影城!また行きます~♪今度は上にある秘密のサロンにも上がって見たいものです。

いやあ本当に刺激的な素敵な夜でございました。
SAWSINさん本当にありがとうございました。 (^∀^)
ということで、魅惑の夜のレポでした
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント