【UMA】世紀末の獣人UMA「ゴートマン」山羊男が出現!【予言】 

 
今朝ツイッターを見ていたら、「ゴートマン」というワードが話題になっていた。
何でだろうと思っていたら。


フジテレビのバラエティ番組「ノンストップ!NONSTOP!」のなかで
UMA「ゴートマン」の映像が流れたかららしい。

ゴートマン
画像は下記You Tubeより
https://www.youtube.com/watch?v=HiTewdzX7_g

ゴートマンのプロフィールを簡単に紹介する。

生息地:アメリカ合衆国 主にメリーランド州に出没
外 見:頭と脚がヤギで胴体が人間。二足歩行をする。
身 長:2~3メートル。
メリーランド州で目撃されることが多く、1950年代から現在に至るまで目撃され続けているUMA。
人間や車を襲うので凶暴性が高い。

メリーランド州画像参照:http://us-ranking.jpn.org/Maryland.html#map

今回話題になっているのは、「ゴートマン」を撮影したとされるこの写真のことなのだ。


アメリカで未確認生物「ゴートマン」の撮影に成功か - エキサイトニュース(1/2)

撮影者はライアン・デイビスという男性。場所は、メリーランド州プリンスジョージズ郡北部に位置するローレル。
モンペリエ公園でテニスをやっていた時、森の茂みに潜む「ゴートマン」に遭遇、撮影したのだという。

ただ、この写真の真偽の程は定かではない。着ぐるみやCGという説も浮上しているからだ。
さらに、UMA研究家によれば、撮影された場所は、ビッグフットの目撃多発地帯でもあるため、「ビッグフット」ではないか?
という指摘もある。

写真を見ると、うーむ。黒くてはっきり形状が分からないものの、頭にヤギの角が見えるため、やはり「ゴートマン」?
と思ってしまう。

「ゴートマン」の正体は一説によると、「黒魔術の儀式に登場するヤギの頭を持った悪魔『フォメット」』扮する人間だ」というものがある。

バフォメット
画像参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88

アメリカは、「蛾人間モスマン」、「カエル男」、「トカゲ男」など、半人半獣UMAの宝庫ですね。

昨年は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州ビショップビルで「トカゲ男」が27年ぶりに出没と話題になったが、どうみても着ぐるみだという説も。(^_^;)
http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/13/lizard-man-emerges-from-south-carolina_n_7980616.html

日本では、
「件」……顔が人間で体が牛
 「牛女」……顔が牛で体が女体

という妖怪またはUMAがおります。

「件」は、大地震や戦争などといった不吉な予言をすると言われている。

「牛女」は、戦時中の焼け野原や、大地震の後の瓦礫の山など、大厄災のあった時に出没すると言われる。
       あとは、六甲山に出ると言われており、心霊的な意味もある。

今回の「ゴートマン」(ヤギ男)の出現が、世紀末の暗示にならなければ良いが……。

UMAにご興味がある方は、白神じゅりこの共著『UMA未確認生物の真実』をご覧下さいね(^^)

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント