【預言】 2062年から来た未来人とは何なのか?

 
2062年から来た未来人の騒動が続いている。

注目度も高く、私のこのブログ数もいまだかつてないほどアクセス数が伸びている。
テレビに出た時よりもアクセス数が高いので、「2062年から来た未来人」に対する世間の関心度の高さがうかがえる。

不思議ニュースサイト『TOCANA』においても、私の「2062年から来た未来人」記事が占めている。
トップ3を占めている。(2016年5月19日14:30現在)

人気記事ランキング

さて、昨日ブログにも書いた
不思議情報サイト『TOCANA』に、掲載された白神じゅりこ執筆の「2062年から来た未来人」の記事の
全文を改めてここに紹介する。まだ読んでいらっしゃらない方はぜひ目を通していただきたい。

そして、その後、今回まだ続いている「2062年から来た未来人」について語ろうと思う。



記事本文

【地震予知】18日は魔の日? 2062年から来た未来人の暗号「18’vvv see 0954」

魔の日

「2062年から来た未来人」とは、2ちゃんねるのオカルト版に降臨した「2062年から来た未来人と称する人物」のことである。以前、「2062年から来た未来人」は、「4月15日にまた来る」と言い残して去ったが、その時期に熊本大地震が発生。そして今回も再び現れると約束した5月17の前日、16日に茨城県で最大震度5弱の地震が起きるという奇妙なリンクが話題になっている。

「2062年から来た未来人が来る時期、地震が起きる確率が高い」ということだ。

 詳細は筆者の過去記事を参照していただきたい。

・「2016年4月15日に重大な事件が起きる? 3.11を予言した2062年未来人からのメッセージとは?」

・「【地震予知】「次は5月17日」2062年から来た未来人が再びネットに現る! 南海トラフ地震を予言しているのか?」

・「【地震予知】「次は7月18日」2062年から来た未来人、約束どおりネットに出現! 次なる予言と5つの見解とは? 5月18日も…!?」

 今回は5月17日以降に出現した未来人からの発言の中から、気になる暗号やメッセージを紹介したい。擬似スレッドの乱立や、ニセモノの出現により、以前より精度は落ちている可能性もあるので、その点に注意してほしい。


■「2062年から来た未来人」からの緊急メッセージ!残された暗号とは?


●暗号「18’vvv see 0954」 2062年から来た未来人を語るスレッドNo.52より

「先輩方、ここでいいのか?」「スレが乱立しているではないか?」というように困惑しながら登場した。

 しかし、「2062年から来た未来人」のニセモノが多発しているせいもあり、スレッド上では「どうせ、地震など来ない」というように真面目に取り合わなかったり、「インチキ」などと茶化すような発言も見られたりした。

 そして、とうとう「2062年から来た未来人」は、怒りながら以下の発言をする。

52-1
※画像は匿名掲示板2ちゃんねるのスクリーンショット

 この暗号「18’vvv see 0954」「咸ミニハtiカ 」に関して、ネット上ではさまざまな解読が行われている。

●「18’vvv see 0954」

18’→日付を表す18日 
0954→9時54分 
vvv →津波のこと 
see →sea 海



「18日9時54分に津波が起こるのではないか」と推測されている。

●「咸ミニハtiカ 」

 咸→訓読みで「みな」と呼べることから解読すると、「南には近付くな」という意味ではないかとされている。

 また、0954 →逆から読むと四国 とも読めるので、「四国が危ないのでは?」とも推察されている。


 このように、暗号はさまざまな解釈ができる。それゆえ、「18日9時54分に津波が起きる、南には近付くな」、「南海トラフに気をつけろ」、「18m級の津波が来て原発事故が起こる」などという憶測が流れているのだ。


■地震は来ないという説も?

●2062年から来た未来人を語るスレッドNo.53

 こちらのスレッドでは、「2026年から来た未来人」と名乗る人物はこう書き込みをしている。

53-556.jpg

53-757.jpg

 このように繰り返し、 「これからしばらく大地震は起きない」とも言っている。

 警告しているものと何も起きないと言っているものと、いったいどちらを信用すれば良いのだろうか?


■タイムパラドックスに巻き込まれた「2062年から来た未来人」

 別の掲示板では、引き続き南海トラフ大地震の警告をしている。


●2062年から来た未来人を語るスレッドNo.56

56未来人 2

 コミュニケーションはしないが「8月31日」にまた来ることを示唆している。そして、2017年2月1日に来る時は、我々とコミュニケーションを取ると言っている。「8月31日」に何かが起こるのであろうか?

56未来人 3

 どうやら、「2062年から来た未来人」は、タイムパラドックスつまり、時間を遡って現代に来ることによって生じるさまざまな矛盾について悩んでいるらしい。掲示板に複数現れる「2062年から来た未来人」の発言に食い違いが生じるのは、この「タイムパラドックス」のせいなのだろうか?

 確かに時間はさまざまな方向に分岐している。我々の未来も個人の無数の選択によって決定しているのだ。ただ、「2062年から来た未来人」の最大の目的は我々がより良い未来を選択してくれるための警告をしに来ているのだと感じる。

 地震が続く今、いつさらなる大地震が起きてもおかしくない。「2062年から来た未来人」との動向を注視するとともに、我々は警戒が必要だろう。また、新たな情報が出たら追ってお知らせする。
(文=白神じゅりこ)

●参考+画像:「にちゃんねる」

ココマデ

TOCANA掲載URL: http://tocana.jp/2016/05/post_9776_entry.html




これ以外にも、暗号が後から追加されている。

53-53.jpg

だが、追加の暗号の方は、信ぴょう性が低いかもしれないと感じたので掲載しなかった。
他にも画像をダウンロードして解読するものもあるようだが、あまり煩雑になってもメッセージ性が薄れると感じる。
なので、簡潔な方がメッセージ性として高いのではないだろうか?

実は、「2062年から来た未来人」は、3.11東日本大震災の時も暗号を残していたのだ。

yあ 間 N意 埜 b於 ㋹

この暗号の意味をネット上では
「山に登れ?」「海面上昇でもあるのかな?」「とんでもない規模の津波が来るのかな?」

 …と、解読。そしてその約4ヶ月後、2011年3月11日 マグニチュード9の巨大地震 東日本大震災が発生したのである。つまり、「山に登れ」は、「津波が来るので高い所に避難しろ!」という警告だったのだ!
このことからも、「2062年から来た未来人」の暗号の重要性が感じられるだろう。

  さて、今回話題になっている「2062年から来た未来人」だが、「ヤラセなのか?」、「本物なのか?」と物議が醸しだされている。

  元祖ネットに降臨した未来人「ジョン・タイター」については、ヤラセという説がある。
  ジョン・タイターの著作権を管理しているジョン・タイター財団があり、理事長はラリー・ハーバーという弁護士がつとめている。
  そのハーバーの弟がコンピュータ知識に詳しいのだ。
  ゆえに、この2人がちょっとしたお金儲けのために仕掛けたことなのではないかというのだが……? さて真実はいかがなものか?

 「2062年から来た未来人」については、「タイムトラベル自体が不可能ではないか?」という話しもある。

 しかし、我々の生活だってこの10数年で格段に変化しただろう。
 1人一台電話機を持ち、いつでも連絡が取れる状態。そして、SNSなどを使って世界中の異文化の人とも繋がれることができる。
 だから、2062年がどのように進化した世界なのか想像もつかないだろう。タイムマシンだってあるかもしれない。

 「現代人と流するにしても、なぜ「2ちゃんねんる」を選ぶのか?」という疑問。
 
 「科学者や名だたる要人にアクセスした方が効率的」という意見もある。
 しかし、そんなことをすれば、大騒ぎになる可能性もあるし、利権がからんでややこしいことになるかもしれない。
 さらに、存在を大人の事情で抹殺される可能性だってある。

 なので「2062年から来た未来人」には、なにか存在を曖昧にしておきたい理由があるのかもしれない。
 それに、「2ちゃんねる」という媒体を使えば、不特定多数の人に知れ渡り、このように案外影響力があるものだ。

 つまり、「非存在の証明は、ほぼ不可能」なのである。 
 だから、「2062年から来た未来人は、あり得ない!」などとバッサリ結論付けてしまうことは、ナンセンスだと私は思っている。
  
 実は、「2062年から来た未来人」の正体を、私は可能性としてつかんでいる。

そのことについては、また近々別の機会で触れることにする。

『「2062年から来た未来人」がいたら連絡ください。インタビューします!』と公言しているオカルト界の重鎮さんが
いらっしゃいますね。(^^)

私も「2062年から来た未来人」がいたら、ぜひこのサイトなどを通じて連絡いただければと思います。
インタビューさせていただきたいと思います。(^^)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント