ホテルセイリュウ

 
書きたいネタはずんどこ溜まっていくでもどんどん消化していかなければならんのである。

関西旅行ネタ、奇天烈配信団、どちらも順番に消化していくことにする。

今日は関西旅行ネタでいきます。

東大阪市石切に滞在時た時、「ホテルセイリュウ」に宿泊した。

東大阪でのご宿泊・お食事・宴会は 東大阪石切温泉〈ホテルセイリュウ〉

「ホテルセイリュウ」は昔から石切にあったが、実際に宿泊したのは初めてである。

昔聞いたのは、確か経営者が中国人だったという。だからホテル名も「青龍」から「セイリュウ」と来ているのだろう。

昔からずっと存続していて、お値段も結構なもの。
石切にわざわざ泊まりに来る人っているんかな? と不思議だった。

けれど、石切神社にお参りに来た人とか、生駒山登山する人とか結構需要はあるんだろう。

何と言っても大阪平野が一望できる夜景はきれいだし。


エントランス
昭和テイストあふれるバブリーなエントランス。

エントランス2
ロビーの吹き抜けの様子。このパースの付き方がキューブリックの映画みたい??

ホテルの窓から
ホテルの部屋から見えた風景。お部屋お任せプランだったので、夜景側ではなく山側の部屋に。
部屋は改装したばかりで広くてきれいでした。ユニットバスがついていましたが、中はきれいですが狭め。
温泉がついているから、内風呂を使うことはあまりないでしょう。

「ホテルセイリュウ」の売りは、何と言っても

天然ラジウム温泉「石切温泉」

地上およそ70階に相当する高さ、眼下に拡がる美しい夜景がお楽しみいただける天然ラジウム温泉で、心身ともにリラックスしていただけます……ということなんですけど。

ということなんですが実際に温泉に入ってみると、露天には柵があってお湯に浸かった状態では夜景は見えません。
立ち上がってのぞけば見えますけどね。

温泉は熱すぎずぬるすぎず調度良い湯加減でした。炭石鹸などいろいろ美容的なシャンプーやリンス、など女性にはうれしそうなアメニティーが充実しておりました。

朝食付きプランだったので、朝食会場へ。

朝食会場から見た景色1
大阪平野を一望できる会場。

朝食会場から見た景色2
昔は確かプールがあったはず。(行ったことないけれど)プールの跡地らしき場所には今は野外庭園と教会ができておりました。

バイキングバイキング2
朝食メニューは洋食から和食まで盛りだくさん。味もなかなか美味。
お味噌汁は具だくさんの豚汁でした。

びっくりしたのは、浴衣を来たおじさんがビールを飲みながら朝食食べて宴会していたことでした。

屋台でたこ焼きを焼いてくれるというサービス!
たこ焼き屋台大阪名物

大阪出身だと言うと、「たこ焼き器あっただろう?」とよく耳にタコができるくらい質問を受けました^^;
確かに実家にあったけれど、私の記憶ではたった1回しか使わなかったと思う。それも失敗しておいしくできなかったんだよね。

大阪に滞在していた時、他のホテルの朝食バイキンでも必ずたこ焼きあった。
でも、他のは冷凍たこ焼きであんまり美味しくなかった。
なので、「ホテルセイリュウ」の屋台たこ焼きは素晴らしいと思ったぞ。

石切味噌

「石切みそ」という名物がいつの間にかできていた。味は奈良漬に味噌つけた感じ。ご飯は進むと思います。

朝食時間は、7時から9時でした。

始めの方は、おじさんグループが来ていて、終わりの方はマダムグループが来ていた。
マダムは温泉に入ってから身支度して来ているという感じでしたね。

7時から9時までみっちりいたもんね(笑)

なので、中座したら食べかけなのに片付けられていてびっくりした。そこまで長居する人いないからか(・_・;)

朝食
和食もね

食事の後はホテル内探検。

結婚式場

教会

結婚式場としても使われています。

ホテルを後にし、いよいよ石切散策です。





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント