【地震】北海道でまた地震! 北海道の地震を予知した予言者、エスパー小林「東北ともう一箇所がひっかかる…」【予言】

 
オカルト情報サイト『TOCANA』に記事が掲載されました!

今回の北海道の地震予知に関してです。

まずは記事をお読みください。



記事本文

北海道の地震を予知した予言者、エスパー小林「東北ともう一箇所がひっかかる…」

2016.06.20.

 16日14時21分頃、北海道函館市で震度6弱、M5.3の大地震が発生した。

 多くの地震専門家は、4月14日、16日に発生した熊本大地震から、徐々に東へと中央構造線に沿って地震が連鎖するとみていたようだが、そんな予想に反していきなり北海道に大きな地震が起こってしまった。

 はたして、今回の地震を予言していた人はいたのだろうか?

 ネット上では現在、アカシック・リーディングで有名なゲリー・ボーネル氏が的中させたと話題になっている。
というのも、ボーネル氏は「2016年半ばに、本州北部から北海道にかけて、一連の地震が起きる」と、述べていたからだそうだ。

 だが実は、日本にも今回の北海道地震を予言していた人物がいた。

 その名も、エスパー小林氏。

 下記You Tubeをみてほしい。1分頃から、地震予知について語っているが、エスパー小林氏ははっきりと「今年は北海道注意」と述べている。

動画は、秘密喫茶 居皆亭(いるみなてい)/YouTubeより


■エスパー小林とは?

 ここで、気になるエスパー小林氏の人物像を見てみよう。

●エスパー小林

エスパー小林
編集部撮影

本名、小林 世征(こばやし としまさ)。通称:エスパー小林。1959年、東京生まれ。10代後半から霊能力が開花し、眉間に第三の目を持つ本物の霊能力者。学生時代からタロット、人相、手相等を独学で習得したという。その卓越した除霊能力、予知能力により、政財界、芸能界に多数のファンを持つ。病気の気功的治療他、個人・企業に対し開運アドバイスを行っている。テレビ・ラジオ講演などで幅広く活躍し、多数の書籍を執筆。学研『ムー』にも連載している。

 霊験あらたかなパワースポットにも精通するエスパー小林氏は、土地のエネルギーを感じ取る能力もあるそうで、頭の中で日本の地図を思い浮かべたり、日本地図に手をかざすだけでも、パワーを感じ取ることができるという。パワーが強い場所だと、グーンと何かが押し上げてくるような圧力を感じるのだそうだ。そのようなエスパー小林氏だからこそ、今回の北海道地震も感じ取れたのかもしれない。

 エスパー小林氏によれば、「日本はパワースポットが多い。海に護られている上に、立地的にラッキーなため、火山国だからプラスのエネルギーが強い」という。つまり、「日本に地震が多いのも大地のパワーがあるから」なのだという。

 エネルギーが強いからこそ地震も多い。つまりご利益がある分だけ災害にも見舞われるとは皮肉なことだ。


■次に起きる地震は?

 また、エスパー小林氏は地震に関して、下記You Tubeのなかで、気になる予言を述べている。


動画は、YouTubeより

 
「ある所がずーっと引っかかっている。東北ともう一箇所がずーっと引っかかっている場所がある」

 そこは、日本の意外な場所であるという。しかし、それを言うとまた変に広まってしまうと怖いので、あえて地名を述べるのは控えたいと述べている。

 富士山の大爆発でも、首都直下地震でもないというが、エスパー小林氏がずーっと引っかかている意外な場所とは、一体どこなのだろうか?

 また機会があれば、今後の警戒のためにも、エスパー小林氏に地震予知についてぜひ語っていただきたいと思う。
(文=白神じゅりこ)

掲載URL:http://tocana.jp/2016/06/post_10086_entry.html




気象庁によると、21日午前0時10分ごろ、北海道地方で震度4の地震が発生したとのこと。
また北海道で大きな地震です!



北海道の地震を的中させたと言われる元前橋工科大教授の濱嶌良吉氏(地殻変動解析学)は、何と次は首都直下が来ると警告!

熊本→北海道“的中”の地震専門家 「次は首都直下」と警鐘 | 日刊ゲンダイDIGITAL

九州では北部で大雨となっております。被災地の熊本も大雨で土砂崩れなどの二次災害が心配です。
この大雨により、避難勧告が出されている地域もたくさんあります。


熊本県・長崎県で1時間110ミリ以上 記録的短時間大雨情報 (ウェザーマップ) - Yahoo!ニュース




何だか最近、日本が荒れに荒れています。
舛添都知事の辞任など、政治が荒れると災害が起こりやすくなるようです。

本当に今年は災害が多い年になりますね。とりあえず、今週、まずは生き延びましょう(*_*)
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント