ポールシフトで人類滅亡したか!?

■ポールシフトって?

7月29日人類滅亡論

が超話題となりました。
どうやらポールシフトなるものが起きて70%の生物が死ぬらしいです。

ということで、いつもながら何事も起きず、とりあえず29日は、平和に過ぎましたね。

さて、何年も前から滅亡を引き起こすと言われていた「ポールシフト」という現象。

地球は磁場をまとった巨大な磁石である。ポールシフトとは、地球の北極と南極がぐるっと反転する現象なのです。

地球を取り巻く磁場というものは、実は今現在でも常に少しずつ反転つまり、ポールシフトしています。
ただ、通常は7000年程度かかりますから
一気に短期間でぐるっと反転するなどということはないわけです。

まあ、歴史を紐解けばわずか100年でポールシフトしたこともあったようです。

ただ、滅亡論で言われているような、数日単位などという短期間でのポールシフトは起こらないわけで……

仮に起こったとしたら磁場乱れて、シールドの役割を果たさなくなるので
有害な宇宙線をもろに浴びて、人体黒焦げということも有り得るでしょう。

それ以外にも、どんな恐ろしいことが起こるか想像もつきませんが……。

元NASAの科学者の緊急メッセージ

ポールシフト

https://www.youtube.com/watch?v=gFSPWC8TKnk

2012年、NASAの科学者による緊急メッセージビデオがネット上で流れ、物議を醸しだしました。
この科学者は

「NASAが極秘で交信している宇宙生命体から、2016年6月14日から8月19日の間に急激な地球の磁場反転(ポールシフト)が起きるというメッセージを受け取った」

と暴露したのだ!

そして、

急激なポールシフトで地球上の生命の約80%が死に絶えるという……

恐ろしい。ということは、我々はあと半月ほどしか生きられないのか?

だが、この映像は、このビデオは俳優を雇ってしゃべらせたデマだという説もあるのです……。

さて真実はいかに?










スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント