ノストラダムス マヤ予言 いろいろな予言が現れては消えて行く……

 
ノストラダムス、マヤ予言、振り返ればオカルト界隈ではいろいろな予言が現れては消えました……

ノストラ

【インチキ】予言とか未だに信じてる人なんなの?ノストラダムスもマヤ予言の滅亡も不発だった


こんな記事を目にして、いろいろ思ったことをバーッと書きなぐります。


ノストラダムスの予言は、高度経済成長期の日本が終焉を迎え、米ソの冷戦、ベトナム戦争、公害問題など
世界が暗いムードに包まれた時代でした。
そこから希望が持てない人々は終末思想に傾倒していった。
小松左京の「日本沈没」が大ヒットしたこともあり、
そこで「ノストラダムス」の恐怖の大王がズドンと来たのでしょう。

1999年……世紀の変わり目は何かが起こりそうな気がします。

ノストラダムスが予言したと言われる「1999年7の月、恐怖の大王が空から降りてきて……」

というフレーズがドンピシャ来たのでしょう。

五島勉氏の『ノストラダムスの大予言』はベストセラーとなり、五島氏はノストラ御殿を建てたといいます。


いかし、1999年になっても世界は終わりませんでした。

予言は外れたわけです。

まあ……ノストラダムスの書いた『諸世紀』と呼ばれる書物に書かれた予言は
ポエムというか抽象的なことしか書かれてないので、解釈次第でどうとでもなるんですよね~。

しかし、2001年9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が起こったことで
第二次ノストラダムスブームがやって来たのです。

高層ビルに突っ込む旅客機がまるで恐怖の大王に見えたからです。

しかし、ノストラダムスは日本では根強く予言としてはポピュラーです。

ノストラダムスが「トランプ大統領誕生」を完全予言していた! "恥知らずなトランペット"が核戦争勃発→世界滅亡は確定か!? - TOCANA


最近では、ノストラダムスがトランプ大統領誕生を予言していたとか!ほんまかいな!?

ということで、ノストラダムスの予言がこれからどう進化していくのか生ぬるく見守ろうと思っています。^^;


『ノストラダムスの大予言』1974年に、東宝から公開されていたそうですね。
ただ出て来る人間が被爆奇形とか差別的な表現があってソフト化されてないとか……。見てみたいですね。

マヤ予言についても書きたかったのですが、力尽きたのでまた今度。(笑)





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント