廃墟化? 坂本九のゆかりの家、「九ちゃんの家」

先日、笠間市まで行って参りました。

「九ちゃん」の相性で親しまれた昭和時代の人気歌手「坂本九」。

「上を向いて歩こう」(うえをむいてあるこう、別名:スキヤキ、SUKIYAKI)は、
日本だけでなく海外でもヒットした。

この坂本九と笠間市の縁は深い。

戦時中は、笠間にある坂本九の母親の実家に疎開して少年時代を過ごす。

またこの縁で、柏木由紀子との結婚式は笠間稲荷神社で挙げ、市内をパレードしたという。

その後、1985年(昭和60年)8月12日月曜日に発生した日本航空123便墜落事故で亡くなった。

いろいろ陰謀渦巻く日本航空123便墜落事故。

坂本九は、羽曳野市議会議員選挙に立候補した元マネージャーの応援演説をするために
大阪に向かっていたんだとか。

九ちゃんが少年時代に過ごしたという家は、「九ちゃんの家」として今も残されている。
日動美術館から佐白山笠間城跡の途中にあった。

九ちゃんの家 - 笠間市公式ホームページ


九ちゃんの家

現在の「九ちゃんの家」、荒れ果てたあばら家という感じ。

山手の湿気が多い場所なので痛みやすいのかもしれない。

屋根も一部崩れて来ているので、崩壊するのも時間の問題かもと思う。

九ちゃん看板


玄関

玄関までしか中には入れない。

九ちゃんの家を残そう

これでも昔はイベント会場に使ったり利用していたみたいだ。有志の方が集まった「笠間九ちゃん会」が保存しようと試みているみたいだ。いちおう整備はしているらしい。

歌碑

ちょっと上に行けば、歌碑もある。

今の若い人はあまり、坂本九のこと知らないだろうな。こうやってまた昭和の歴史がひとつ、ひっそりと幕を下ろすのだろうか。

九ちゃんの家よりさらに上に行くと、佐白山があり、笠間城跡がある。有名な心霊スポットらしい。
武者の霊などいろいろな霊がうじゃうじゃ出るそう。昔なら喜んで向かった心霊スポットだが、今は不用意に行かないことにしている。また機会があれば、行ってみたいとも思うが……。

笠間市の名店、佐白山の豆腐屋で油揚げを購入。

九ちゃんの家 - 笠間市公式ホームページ


良質の油揚げで、「笠間稲荷神社」にちなんで、
いなり寿司を作りました。形はあれですが、酢飯は黒酢でまあまあ美味です(笑)

いなり寿司






スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント