池袋探訪 雑司が谷 鬼子母神堂

久々に、雑司が谷の鬼子母神にお参りした。

関東で身寄りもなく出て来た時、鬼子母神を母、平将門公を兄として慕うことにしたのである。

将門公にはちょいちょいお参りしているものの、鬼子母神にはやや遠方なこともあり
ずっと足を運んでいなかった。

町家から味のある都電にカタカタ乗って、雑司が谷に向かった。

Sq_@Sq_ւ悤


鬼子母神像は、法明寺に納められている。
この像は、永禄4年(西暦1561年)1月16日に文京区目白台の地に掘り起こされたものだという。

その後、法明寺に納めたものの、勝手に持ち出した者が病に襲われるなど災いが続いたのだとか。
祟りをおそれて、また法明寺に丁重に戻したという話がある。

つまり、この鬼子母神像は作者不明で来歴ははっきりしていないのである。
とても不思議な像だ。

鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)と呼ばれていた。
残虐な性格で、人の子をさらっては食べていたという。
そこでお釈迦様が1000人いる鬼子母神の子どもの末の子を隠した。
鬼子母神は子どもを探して嘆き悲しむ。

お釈迦様は鬼子母神に対して、
「1000人のうち1人がいなくなっても悲しいのに、人間の一子を食らうと
その嘆き悲しみはいかばかりか」
と諭した。
その言葉を聞いて、鬼子母神は改心し、安産・子育の神となったという。

久々のご対面の鬼子母神さま。会うとほっとするものを感じますね。
この日は荒れた天気だったが、鬼子母神堂をお参りする時は、ピタリと雨がやんだ。不思議。

鬼子母神


鬼子母神の境内には、何と樹齢700年のイチョウの大木がある。空襲でも襲われなかったというこの敷地は
運気が良いのだろう。だが、別の妙な力も感じてしまう。

そして、最近、お稲荷様にご縁があると感じて射る私は、
境内にある武芳稲荷堂をお参りする。

鬼子母神 武芳稲荷堂(たけよしいなりどう)


京都の伏見稲荷のように連なった赤鳥居が印象的だ。

対で祀られているキツネ像が異様な陽気を放っていた。

拝殿の前に佇むと突風が吹き荒れ、神の気を感じる。

ここのお稲荷様は、畏れ多いすごいパワーを感じてしまった。

ということで、ご挨拶をして早々に退散する。


雑司ヶ谷は、昭和的な趣がある町だ。

レトロな雰囲気のキアズマ珈琲で、一服。

喫茶


池袋の隣の駅にある大塚駅で、ミシュラン星1つのラーメン屋に入る。

お昼時を外していたが、30分ほどならぶ。

ビストロ風のおしゃれなラーメン屋さんだ。私は特製醤油ラーメンを注文。

チャーシューが二種類入っていたのが良い。それと麺が美味しい。

今度は名物の担々麺を食べよう。

ラーメン

創作麺工房 鳴龍


たまたま通りがかった幼稚園で、サンタが来ていたのに遭遇。園児は大はしゃぎ。
いよいよ今日は本番のクリスマスですね。何事もなければいいですが……

サンタ










スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント