【金正男暗殺で日本滅亡→全員極楽浄土へ】十一面観音が見た「野馬台詩の予言」が指摘していた!?

オカルトニュースサイトTOCANAに白神じゅりこの記事が掲載されました!

【金正男暗殺で日本滅亡→全員極楽浄土へ】十一面観音が見た「野馬台詩の予言」が指摘していた!? - TOCANA



極楽浄土


8世紀頃より中国から伝来した謎の予言書『野馬台詩』

日本の未来を予言しているとして、密かに読み続けられたのだ。

『野馬台詩』の作者は、十一面観音の化身といわれる「宝誌和尚」である。

宝誌和尚立像

重要文化財《宝誌和尚立像》西往寺 京都国立博物館/画像はYou Tubeより 


そして、『野馬台詩』を中国から日本に伝えたのが
菅原道真と並ぶ天才と称された吉備真備(きびのまきび)である。

野馬たいし

『野馬台詩』の図 図は下記サイトより
http://www5a.biglobe.ne.jp/~shici/jpn59.htm

『野馬台詩』は、何と日本の恐るべき終末まで予言している。

そして、金正男暗殺に絡む第三次世界大戦勃発そして、日本滅亡の恐るべき全貌とは……?

You Tubeじゅりこちゃんねるにおいて、『野馬台詩』の予言について語っております!

※動画復活しました!



スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント