NASA重大発表の中身

 
NASA=アメリカ航空宇宙局が日本時間14日午前3時に重大な発表をする

ということで、巷では期待が高まっておりました。

しかし、これまでのNASAが発表して来た重大発表の内容を見ると
我々が期待するような、「宇宙人の存在が明らかに……」といったものではないだろうと考えていた。


……で、


結果は予想通りでしたね。(-_-)

地球外生命体の可能性高まる~NASA発表|日テレNEWS24

NASA(=アメリカ航空宇宙局)は13日、土星の衛星「エンセラダス」の地下にある海から噴き出す水に生物などの栄養素となる水素が多く含まれていたと発表した。NASAは「地球外生命体のいる可能性がさらに高まった」としている。




土星の衛星つまり月である「エンセラドス」は、厚い氷に覆われた極寒の星です。

しかし、その氷を突き破る間欠泉が確認された。

ということは、氷の下には熱水があり、温かい海が広がり生物が存在しているのでは?

ということだった。しかも生物といっても人間的な生命体ではなく、原始的な生物であるということ。

これも、生物がいる可能性ですからまだ判明したわけじゃないんですけどね。

同じく木星の衛星「エウロパ」にも生命の可能性があると発表されましたよね。

NASAはじらして小出しにして、我々人類が宇宙人に対してショックを受けないように、発表を調整しているんでしょうか?

今年は、ロズウェル事件から70年目、ファティマの奇跡から100年めです。
きりの良い今年だからこそ、いよいよ宇宙人お披露目があるのかと期待しているのですが……。

願いはただ1つ、早く宇宙人の生物(なまもの)が見たいんだよ!

宇宙人


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント