【驚愕】キリストがクローンで復活!?

本日、ミステリー系ニュースサイトTOCANAで気になる記事を発見!

【ガチ】いよいよ「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!? 有名大教授が“本人確定作業”を開始!

【ガチ】いよいよ「キリストのDNA」確定、クローン復活へ!? 有名大教授が"本人確定作業"を開始! - TOCANA

今月16日、イエス・キリストの復活を祝う祭「イースター(復活祭)」が世界各地で盛大に行われる中、世界中のキリスト教徒が狂喜乱舞するとんでもない番組が放送されていた。なんと、キリストのクローンが誕生(復活?)するかもしれないというのだ! トリノの聖骸布「Daily Mail」より引用 ■キリストのD...





イエス・キリストの復活を記念する日 イースターで賑わいましたね。

日本には以前、イースターなんて習慣なかったと思うんですが……

また新たなイベントが日本にもできるんですかねえ。

というわけで今月16日の「復活祭」に合わせて放送された
ヒストリーチャンネルのドキュメンタリー番組「Jesus Strand」
の内容が世界で話題になっているそうです。


英オックスフォード大学の遺伝子学者と聖書学者がキリストのDNAを求め調査したところ
洗礼者ヨハネの「遺骨」が極めて本物だと判明したのだという。

洗礼者ヨハネ

画像はwikiより

洗礼者ヨハネはイエス・キリストに洗礼を授けた人物。
そして後に運命の女サロメに出会い、斬首されて最期を遂げるのですが……。

洗礼者ヨハネの遺骨をオックスフォード大学が年代測定した所、彼が生きていた時代とぴったり合致するという結果が出たらしい。

また、キリストの母マリアと洗礼者ヨハネの母エリサベトが親類関係にあるといわれていることから、ヨハネの遺骨はキリストのDNAを探る上で重要な意味を持つのだという。

そして、他のキリストの親戚とされる者の遺骨からもDNAを採取すればキリストのDNAを特定できるらしい。

例えば、エルサレムに保管されているキリストの兄弟とされるヤコブの骨壷は参考になるだろう。

やがて調査の結果キリストのDNAが特定されれば、まさに本物のキリスト復活。つまり、クローンができあがるらしい。



遺物からのDNA調査と言えば、ロシアの獣人「アルマス」を思い出してしまう。

ザナ
画像は下記サイトより
http://www.nmr.jp.net/article/417774743.html

アルマスは猿人系UMAで、ある。
19世紀末にアブカズ自治共和国のトキナ村でザナというメスのアルマスが人間と暮らしていたという。

何と、ザナは人間との間に子どもを4人産んだ。

ザナの産んだ子どもの墓に埋まっている骨からDNAを採取いて検査したところ
現存の人類にはない未知のDNAだったという。

つまり、ザナはUMAであり、ザナの子どもたちはUMAと人間のハーフだったというわけだ。


ところで、人間のクローン技術は10年ほど前に確立されているとか。

それに世界の名だたるセレブや政治家などもこっそりクローンしているとか言いますよね。

だから、キリストをクローンで復活させることは可能だとして、クローンキリストに何をさせるんでしょうかねえ??

キリストの再臨が不思議な神の力ではなく、科学の力だったとしたら……なんとも言えない奇妙な気持ちになるが
そうすると、人類は神を自らの手で復活させ、神を超えるということになるのだろうか??

今後のキリストDNAの研究が楽しみである。

スポンサーサイト

Comment (0)

非公開コメント