今年の8月21日“アメリカ皆既日食”から人類滅亡開始! 終末の予兆

 
昨日に引き続き、「In Deep」管理人 岡靖洋さんのインタビュー記事です。

今年の8月21日"アメリカ皆既日食"から人類滅亡開始! 悲劇は北緯33度線で起きていた!!(In Deep管理人インタビュー) - TOCANA

オカルトファンなら誰でも知っている超人気ブログ「In Deep」の管理人・岡靖洋氏。記念すべきインタビュー第1弾では、謎に包まれた岡氏の素顔に迫った。 「In Deep」で取り上げられているテーマは、「人類の未来」「悪魔の輪郭」「日本の未来」「宇宙の中の地球」「軍事的カオス」「人類の覚醒と真実」「...




アメリカ


今年の8月21日“アメリカ皆既日食”から人類滅亡開始! 悲劇は北緯33度線で起きていた!!

という内容ですが。

今年は特にアメリカでは自然災害が多発しているそうです。その上、イエローストーンの群発地震やカリフォルニアに周期的に巨大地震が来ることも警戒されています。
さらに、今年はアメリカ大陸を横断する皆既日食が99年ぶりに起るのです。

皆既日食は古来より不吉な現象とされて来ました。
ゆえに、今年のアメリカは要注意ですね。

それ以外にも陰謀・終末もりだくさんの面白いインタビュー記事になっておりますので御覧ください。

南極の氷が分離し氷山に 三重や茨城とほぼ同じ面積

南極大陸にある巨大な氷が割れて世界最大の氷山となったことが分かりました。大きさは三重県や茨城県の面積に匹敵します。 ...




今日、三重県と同じ大きさの巨大な南極の氷が分離して氷山になったそうです。
温暖化の影響とも言われていますが、温暖化は嘘くさいので何らかの終末の予兆かもしれませんね。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント