FC2ブログ

天才軍人・石原莞爾が予言した未来がヤバすぎる! 「2020年に日米最終戦争」「人類に突然変異」… 的中しまくるタブー予言を徹底解説

 
ウェブサイトTOCANAに白神じゆりこの記事が掲載されました!

天才軍人・石原莞爾が予言した未来がヤバすぎる! 「2020年に日米最終戦争」「人類に突然変異」… 的中しまくるタブー予言を徹底解説

天才軍人・石原莞爾が予言した未来がヤバすぎる! 「2020年に日米最終戦争」「人類に突然変異」... 的中しまくるタブー予言を徹底解説 - TOCANA

最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀) /中央公論新社は「Amazon.co.jp」より引用  伝説の軍人・石原莞爾(いしわら かんじ)をご存知だろうか? 帝国陸軍の異端児と呼ばれた軍事の天才だ。そんな石原には、ノストラダムスのように未来を見通す予言能力があったとされる。  石原莞爾(1889...




石原莞爾とは、帝国陸軍の軍人で、満州事変を成功させた首謀者である。
勉強してなかったのに、士官大学や陸軍学校を首席で卒業したという話がある。
破天荒だったが独創的なアイデアを持っていた。
宗教、哲学、科学、歴史など幅広い知識を持っており、彼の能力は軍部だけでは発揮しきれなかったのだろう。

石原莞爾


石原は大東亜戦争に反対した平和主義者でもあった。
だが、石原が企てた満州事変のお陰で、日本は国際社会から孤立し、そのご泥沼の戦争に突入することになったのは
まことに皮肉なことである。

石原が過去の戦争を振り返って綿密に研究し、未来の戦争像を予言したのが
『最終戦争論』である。
それを読み解くと、2020年ころ、日本はアメリカと最終決戦することになるのだが……。

それにしても、最近のアメリカ株価の下落などが世界に衝撃を与えておりますが
仮想通貨の混乱もあいまって今、世の中がすごい変動していると感じます。

アメリカも経済や社会不安が高まると戦争……というビジネスで一発逆転を狙うのでしょうか。

サンデー毎日

ただいま、発売中の『サンデー毎日』で、作家・保阪正康氏が石原莞爾について執筆されてますね。

毎日新聞にも……

一語一会・私が出会った「昭和の怪物」
石原莞爾の昭和史/1 なぜいま石原莞爾を語るべきなのか=保阪正康


何だか今、石原莞爾ブームなのか、石原の『最終戦争論』のように日米対戦が近いのか?

奇妙なシンクロ感じます……。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント