FC2ブログ

伝説の死海文書の秘密…2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も?

 
羽生結弦選手が金メダル!フィギュアスケート男子で66年ぶり五輪連覇! 
宇野昌磨選手が銀メダル!


羽生結弦

ということで盛り上がっていなかった平昌オリンピックですが
ようやく盛り上がった感じです。

ソチ五輪から病気や怪我など不運に見舞われながらもそれらの苦難を乗り越えて
見事な金メダルです!

そう思うと神という存在はいて、やっぱりちゃんと見ているんだな……と思います。

そういえば、私は過去にこのような記事を投稿しておりました。

伝説の死海文書の秘密…2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も?

伝説の死海文書の秘密...2018年に地球滅亡!? 救世主は羽生結弦という仮説も? - TOCANA

1947年以降、イスラエルとヨルダン国境にある「死海」付近の11箇所の洞窟で次々と文書が発見された。『旧約聖書』の写本や、謎の文献も多数発見。羊紙やパピルス紙、銅板に、ヘブライ語・アラム語・ギリシャ語で記されていた。 ■死海文書とは? 『死海文書』は今から2,000年以上前のもの。その作成者はク...





今年、2018年は『死海文書』の予言にまつわる要の都市であり、
破壊の年でもあります。

「エルサレムをイスラエルの首都と認定する」といった昨年のトランプ大統領の宣言は、

まさしくエ「ルサレムを立て直せ……」というダニエル書の予言に符号するのです。

長きに渡って流浪の民であったユダヤ人にとって
祖国を取り戻し、聖地イスラエルを奪還し、そして、最後に残る目的は神殿建設だけなのです。

現在、かつて神殿が建っていたモリヤの丘には、イスラム教のモスク「岩のドーム」が建っています。

さて、これをどうやってどかして神殿を建設するのでしょうか?

かつてユダヤ教のラビが「コリヤがイスラエルに攻めてくる」と予言しておりました。

合併した北朝鮮と韓国がコリヤになって攻めてきて大戦争になる……
もしかすると核兵器も辞さないかもしれませんね。

しかし、そんな恐ろしい終末の足音が聞こえるなか
明るい話題を提供してくれた羽生選手は救世主なのでしょう。

しかし、冗談抜きに

超人的パワーを持つ羽生結弦選手は救世主ではないかと思うのです。

人類が危機に瀕したとき、4回転ジャンプで救ってくれるかもしれません。


ところで先日、

バレンタインは、ひさびさに人前で発表する機会あり、その後ひょんなことからネット番組に出演させていただきました!

番組中に、なんと小暮満寿雄画伯に似顔絵を描いていただいたのです!

似顔絵


私の特徴をとらえつつ、とても美人に描いていただいて、すごく満足しております(笑)。
後ろに描かれているのは、背後霊……ではなく、宇田川敬介先生の妖精です。

縁起が良いので額縁に飾って大事にしようと思います。
2月22日(木)中目黒で小暮満寿雄画伯のアートイベントが開催されす!
絵が描ける人もそうでない人も楽しいイベントなので、皆様ぜひ遊びに行ってみてください。
http://masuo-san.com/?p=28507

アートイベント


また番組のMCの石飛香織さんより、バレンタインチョコをいただきました。
まさか美しい女性からいただけるとは……感激しております。お世話になった皆様ほんとにありがとうございますm(_ _)m

バレンタイン

「平昌オリンピックと北朝鮮韓国の動向」秋葉原系アイドルでもわかるニュース解説第24段(MC:宇田川敬介)



秋葉原系アイドルでもわかるニュース解説に出させていただきました!
ここでしか聞けないニュースの裏事情が宇田川先生がわかりやすく説明していただけます。
出演:政治ジャーナリスト 宇田川敬介さん、フリーアナウンサー石飛香織さん、画家 小暮満寿雄さん、
    オカルト作家 白神じゅりこ

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント