【悲報】UFOに攻撃されたら日本滅亡決定!

欧米とは違って日本はオカルト的なことは極めて政治の場で扱わないものです。
新聞やテレビでもニュースでわざわざ取り上げません。

UFOイメージ


ということで本日、UFOに関して穏やかでないニュースが飛び込んできました!

政府:UFOへの対応、答弁書を閣議決定 - 毎日新聞

政府は27日の閣議で、未確認飛行物体(UFO)について「地球外から我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」とする答弁書を決定した。  立憲民主党の逢坂誠二衆院議員が、2016年に施行された安全保障関連法で定める「武力攻撃事態」や「存立危機事態」に該当するかを問う質問主意書を出していた。




ざっくり説明すると、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員が

米国防総省が過去にUFOや地球外生命について極秘に調査していたとする米国の報道に基づき、
UFOへの対応を政府に問うていたのです。

そして、27日の閣議において、「UFOの存在も確認していなければ、対応もしていない」という回答があったというのです。

なんでそんな呑気なことを言っているのか?と思うが、これは

憲法9条に制約された「専守防衛」のせいらしい。今の憲法では、日本は相手側から攻撃されてからでないと攻撃できないのだ。

まず憲法9条から変える必要があるのだろう。

そのあたりは、今日のトカナの記事に詳しく書かれてありました。

【悲報】「日本政府はUFO対策していない」閣議決定の"背景"を専門家が徹底解説! UFO対策には憲法9条改正が必須で... - TOCANA

画像は「Thinkstock」より引用  政府は、27日の閣議で、「(UFOが)地球外から我が国に飛来した場合の対応について特段の検討を行っていない」とする答弁書を決定した。これは、立憲民主党の逢坂誠二衆院議員が提出していた、2016年の安全保障関連法(安保法案)に関連する質問主意書に対する回答であ...




今日は、UFOとは関係ありませんが憲法9条のお話しを聞いてまいりました。
怖いですね。その話はまた近々どこかで発表すると思います。


宇宙人が問答無用で攻めてきた時、なすすべもなく日本は滅亡するのでしょうか?

アメリカ、イギリス、ロシア、イスラエル、中国は、UFO対策をしているというのに
日本はUFO後進国ですね。

かつて70年代は日本中、あちこち飛んでいたというのに……。

それとも何か宇宙人やUFOの存在を隠さねばならない密約でもあるんでしょうか?

日本では、UFOやオカルトというといかがわしいというひとくくりで片付けられています。

もっと真面目に取り上げないといけないんじゃないかと思うのですが。

だって、日本人だって宇宙からやって来たのですよ?

どうやら、それは今の天皇家のゴタゴタと関係してくるのでは?と思います。

ノストラダムスも聖徳太子もホピも空からの脅威で滅亡と予言しております。

空からの脅威=UFOなのかな……。



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。
★お仕事のお問い合わせ・不思議情報など
 連絡先 → ocspjuli@yahoo.co.jp

都市伝説・陰謀・予言・猟奇事件・心霊現象・UMA・妖怪・UFOなど世の中の不思議を、独自の視点で探求。
『TOCANA』、『実話ナックルズ』、『ムー』に執筆。
『Deep Red ホラーチャンネル』都市伝説レポーター。
『実録!!TOCANA 心霊ファイル 2 』(DVD)。
著書に『恐怖の洗脳ファイル』『UMA未確認生物の真実』『2016予言 脅威のシナリオ』(共著 ダイアプレス)『日本懐かしオカルト大全』(辰巳出版)等。
テレビ朝日『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」』他出演。

You Tubeチャンネル

ツイッター

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]

62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オカルト・ホラー
26位
アクセスランキングを見る>>