稲川淳二の怪談ナイト

 
MYSTERY NIGHT TOUR 2010 稲川淳二の怪談ナイトに行ってきました!
9・22(水)PM7:00スタート 


仕事場を飛び出し、外苑前の駅から会場の日本青年館大ホールへ向かうも
霊障で早速道に迷う(ただの方向音痴だってばさ!)  
それでも開演の音楽が鳴るなかギリギリで着席する。
間に合ったセーフです(汗) 稲川看板

座席は前から二列目の真ん中よりなので稲川さんがめっちゃ近くで表情もよく見えるベストポジション。


今年のセットは屋外の土手という設定。なかなか雰囲気ありますね。
淳二~!という掛け声と拍手とともにお馴染み浴衣の着流し姿で
「稲川淳二大先生」がにこやかに登場です。

稲川さんの怪談ですが、うかうかすると聞き取れないのでしっかり耳を澄ましていないといけません。稲川さんによると今夜の会場の日本青年館は時間厳守。(大阪の会場では延長大いにしてたとか…)
なので、ちょっと怪談も急ぎ足で語らねばならないとか 

稲川さんの怪談は情景がひしひしと伝わり、登場人物の心理描写が非常にリアルで、擬音などが抜群に上手いですね~。

私も怪談語りの勉強をと思いましたが、稲川さんのようには無理だすなあ。
まあせめてムンクの叫びのような絶叫が出来るぐらいには練習をつんでおこう。 

時間が約二時間と短かったので話数は少ないですがそれぞれ長めでした。
ま、突っ込みどころもあるお話もありましたがそれはやはりエンタメなのです。

そしてラストの心霊写真コーナーでサプライズが起こる

「この写真のどこが変かわかりますか?はい!そこのあなた」
と、稲川さんが私の事を当ててくださいましたよ~!
何か感動ですね。「

恐怖と笑いの内にあっという間にライブは終わったのでした。


お!平山夢明先生からお花が……

平山


会場の外に出ましたら、早速怪談ツアーです。

え~左に見えます建物が稲川怪談の「レコード室の女」の舞台になりました
ビクタースタジオでございます。
怪奇交差点

その隣が心霊スポットで有名な千駄ヶ谷トンネルでございます~。
怪奇交差点2


その後、久しぶりに会う怪談仲間達と共にぞろぞろと怪談宴に向かう。

中華、点心のコース(ちまき、餃子、シュウマイ、ピロシキとか……)をドイツワインと共に食べました。
白ワイン
点心

美味かった~安かった~ 

怪談仲間と怪談を肴に怪談談義。
シェフからはホテルに纏わる怪談なんてレアなものも聞けましたのよ。

恐怖もいっぱいお腹もいっぱいの大満足の夜でした。

しかし、本当の恐怖はこれから続くのでした…… 
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント