【ノストラダムス大予言2020年版】6月18日〜7月12日巨大地震発生、日本も大災害!? 大阪と名古屋消失…第三次世界大戦も勃発!

年が明けてあっという間にもう半月が経ちましたね。

ということで、ブログもサボりがちでした。


Nostradamus_by_Cesar.jpg


新年1発目の白神じゅりこ記事掲載は、トカナさんでした!


『【ノストラダムス大予言2020年版】6月18日〜7月12日巨大地震発生、日本も大災害!? 大阪と名古屋消失…第三次世界大戦も勃発!』


【ノストラダムス大予言2020年版】6月18日〜7月12日巨大地震発生、日本も大災害!? 大阪と名古屋消失...第三次世界大戦も勃発! - TOCANA

「1999年人類滅亡大予言」で、一躍その名を世界に知らしめた大予言者 ノストラダムス。ノストラダムスは、16世紀に現存した人物である。医師であり、占星術師でもあったノストラダムスは、優れた知能と霊的感性をもって約400年前から人類の行く末を見通していたという。 ...





ノストラダムスの恐怖の大王の正体は、諸説ありますね。

アンゴルモアの大王は、モンゴルつまり今の中国とか
世界初の核兵器実験を行ったのはアラモゴードという場所だったので
核兵器だとか。

今年も絶賛滅亡の危機は訪れるようです。

で、最近、なんとあのカルロス・ゴーンが恐怖の大王の正体ではという新説が!?

三神たける on Twitter

1999年7月を目前にした6月、飛行機に乗って空から強権をもった最高執行責任者カルロス・ゴーンがやってきた。モンゴロイド日本人の会社にして自動車産業の大手、日産を復活させるために。その前後、ルノーは資本提携を結び、経営統合に乗り出す。




それに気付いた、さすがはムーの三上編集長ですね。


カルロス・ゴーンは結局まんまとレバノンに逃げおおせたわけです。

日本と海外の温度差を感じますね。

日本では、日本の司法制度に問題ありと主張する人もおりますが

ヨーロッパでは自分の否など認めず主張だらけですね。

ゴーンもどれだけ自分が非人道的な扱いを日本で受けたかという主張のみで
日産のお金を大量にガメたことには触れず。

日本はすぐに自己反省して謝りますし、恥が美徳とされ
もちろんそれが日本人の良いところでもありますが

これから国外とのやりとりも活発になり移民も大量入国することも考えると
もっと自己主張したほうがいいんでしょうね。

今頃、ゴーン夫妻は美味しいお酒と贅沢な食事で
「ばーか」とかいいながら日本への復讐計画を練っているでしょう。

でも、日本の神はそれを許さないと思うんですれどね。皆さんどう思いますか?



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

白神じゅりこ

新感覚オカルト作家。
★お仕事のお問い合わせ・不思議情報など
 連絡先 → ocspjuli@yahoo.co.jp

都市伝説・陰謀・予言・猟奇事件・心霊現象・UMA・妖怪・UFOなど世の中の不思議を、独自の視点で探求。
『TOCANA』、『実話ナックルズ』、『ムー』に執筆。
『Deep Red ホラーチャンネル』都市伝説レポーター。
『実録!!TOCANA 心霊ファイル 2 』(DVD)。
著書に『恐怖の洗脳ファイル』『UMA未確認生物の真実』『2016予言 脅威のシナリオ』(共著 ダイアプレス)『日本懐かしオカルト大全』(辰巳出版)等。
テレビ朝日『ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル」』『超ムーの世界R』他出演。

You Tubeチャンネル

ツイッター

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

アクセス解析

アクセスランキング

[ジャンルランキング]

54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
都市伝説
7位
アクセスランキングを見る>>